スマホ

ZenFone5のスペック紹介 ASUSが久しぶりに本気を見せた

2018年3月24日




 ZenFone5が発表されました

MWC2018にてZenFone5が発表されました。

ZenFone5って数年前に同名機種がありましたが、以前の機種は画面サイズを表す5

今回はナンバリングを表す5です。ややこしいですね。

蓋を開けてみたら軽く衝撃を受けましたのでご紹介します。Snapdragon845を搭載しながら驚きのコストパフォーマンスです。

スペックシート

日本予想価格は私の予想によるもの。

5Zで4GB/64GBの下位モデルを発売しないで6GB/128GBで7万円〜とかも普通にありそうですね。

価格がおかしい!安すぎる!

Snapdragon845は最新のハイエンドCPUで、現状世界中のどのAndroidスマホでもこれより上はありません。

本当の意味で上限、ハイエンドです。

そんなCPUを搭載しているわけですから、値段も相当高いです。普通であれば。

同じCPUを搭載している競合モデルを例に出すと

Galaxy S9 plus 日本円約11万円

Xperia XZ2 日本円約9万円

どちらもSIMフリー版を台湾で購入した際の金額です。

上記2機種と比べてZenFone5Zの499ドルという価格設定は恐ろしいものがあります。一台あたりの利益どのくらい出るんだろう。

ノッチは正直意味が分からない

公式サイトから画像を拝借してきました。

日本版にはラインナップされてませんがグローバルサイトにはもうページが出来ていますね。

画面下のナビゲーションボタンが無ければiPhoneXに見えてしまいますが、よくよく見れば画面下に結構なスペースが。

これだけスペース空いてればノッチなくしてカメラ類を下に移動してもよかった気がしますね。

中華スマホには実際そういうモデルもあります。Mi Mix2とか。

最初にノッチありきでデザイン決めちゃってる気がして残念でなりません。

ケチを付けるとすればここだけ。

日本でも恐らく販売されるが、発売時期は未定

ハイエンドの中で恐ろしいコストパフォーマンスを発揮しているZenFone5Z

日本でもまず間違いなく発売されると思いますが発売日は未定です。

前モデルのZenFone4は台湾から遅れること一ヶ月で発売されました。

iPhoneの次期モデルの発表と被るのも避けたいところです。

日本では7〜8月頃発売ではないでしょうか。是非6万円以下で販売してほしいですね。


Yahoo! JAPAN(ヤフージャパン)が運営するクレジットカード

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

スマホ, ,

Author: