スマホ

ZenFone Max Proにバンド強化エディションが登場 日本発売ありそう

2018年8月20日




ミドルレンジのZenFone Max Proがマイナーチェンジ

2018年12月15日追記

ビックカメラ専売モデルとして日本での発売が始まりました。

ビックカメラの販売ページはこちら
icon
2018年8月25日追記

ZenFone Max Pro購入しました。

レビュー記事はこちら。

追記ここまで

2018年5月にインド市場向けに発売されたZenFone Max Pro(M1) ZB601KLがマイナーチェンジし

ZenFone Max Pro ZB602KLとして発売されました。

(M1)が外れている理由は謎です。

スペックはというと6インチFHD+(2160*1080)のIPSディスプレイ、SoCはSnapdragon636、メモリ3GB/6GB、ストレージ32GB/64GBと充分すぎるスペック。

そしてZenFone MAXシリーズではお馴染みの大容量5000mAhバッテリーを搭載。

Wi-Fi利用時には最大28時間のWEBブラウジングに対応。YouTubeの動画再生だって20時間いけちゃいます。

一日中スマホを使用していても一日持ちますね。電池持ちを重視したい人におススメです。

台湾のASUS公式サイトでは性能電力怪獣と銘打っているようです。字面が何やらカッコいい。

台湾での販売価格は日本円にしておよそ25,000円から。Snapdragon636を搭載したスマホとしては非常に安価。

スペック

 ZenFone Max Pro
ZB602KL
CPUSnapdragon636
antutu v7総合スコア:110000
3Dスコア:21000
メモリ3GB/6GB
ストレージeMMC 32GB/64GB
ディスプレイ6インチ
2160*1080ピクセル
microSDスロット有り(最大2TB)
背面カメラ1600万画素
F2.0
+
500万画素
インカメラ800万画素
Wi-Fib/g/n
バッテリー5000mAh
大きさ縦:159mm
幅:76mm
厚さ:8.45mm
重さ180g
接続端子microUSB
生体認証指紋認証
顔認証
防水・防じん×
対応バンド3G:1/2/5/6/8/19
4G:1/2/3/5/7/8/18/19/26/28/38/39/40/41
価格台湾現地価格
約25,000円から

ZenFone 5と同じSnapdragon636を搭載していますがAIブーストが無いためantutuベンチマークは11万点強。価格を考えると充分すぎるスコアですね。

メモリは3GB/6GBの二種類。4GBモデルはありません。

ストレージは32GB/64GBです。SIMスロットの他に独立したmicroSDスロットがあるため重いファイルはSDに保存しましょう。

カメラはデュアルレンズカメラを搭載してはいますが、あまり評判が良くない様。価格なりの画質と考えた方が良さそうです。

本体サイズは一般的な5.5インチスマホサイズです。

5000mAhのバッテリーを搭載しながら厚さ8.45mm、重さ180gは立派。バッテリーの容量を考えると200g以上あってもおかしくありません。

接続端子はmicroUSB、イヤホンジャック有りです。

USB-Cでないのは残念ですが価格帯を考えると仕方ありませんね。スペックはミドルですが価格はエントリー帯ですから。エントリーまでUSB-Cが浸透するのは2019年頃でしょうか。

そして海外スマホでは大事な対応バンドですが、なんとドコモのプラチナバンドに対応しています。

もちろんSIMフリーですからドコモ回線を使用している多くの格安SIMで使うことが出来ます。ソフトバンク回線ももちろん対応。

ただし同じZenFone Max Proでも対応バンドの異なるAバージョン・Bバージョンの2つがあり、ドコモ回線対応モデルはBバージョンです。購入前には必ず商品ページの仕様部分を確認してくださいね。

ドコモネットワークに対応してきたことを考えると、日本発売も充分にあり得ます。

台湾での価格は

3GB/32GBモデル 約25,000円

6GB/64GBモデル 約32,000円

となっています。悩ましい価格差ですが3GB/32GBの方がお得感が強いですね。

なおメモリ/ストレージ以外の差として6GB/64GBモデルにのみ本体ケースが同梱されているそうです。

日本でも3万円前後で買えるようになれば、2018年後半の売れ筋モデルとなりそうです。

日本販売が待ちきれない方にはBanggoodで29,870円送料無料で販売中

メイン端末としてガシガシ使えてバッテリー持ちも良い格安ZenFoneおススメです。

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

スマホ, , ,

Author: