スマホ

結局Xperia XZ2とP20 Proはどっちがいいのか比較してみる




XPERIA XZ2とP20 Pro どっちを買えば幸せになれるのか

5月31日についに国内でも販売が開始されましたSONY XPERIA XZ2。

6月15日にdocomoから発売されるHUAWEI P20 Pro。

当サイトでも何度か話題に挙げましたが今一度考えてみたいと思います。

Xperia XZ2 PremiumとZenFone5ZとP20Proを徹底比較!

Xperia XZ2の特徴

言わずと知れたSONYの2018年メインストリームモデルです。

ついにXperiaシリーズも18:9の縦長液晶を搭載し、併せてフォルムも刷新されました。

XZ1までの5.2インチFHD(1920×1080)液晶から5.7インチFHD+(2160×1080)へ。

画面は一回り大きくなっていますが横幅は今までの5.2インチモデルとほぼ同じで大画面と持ちやすさを両立しています。

デザインはXZ1の一枚板のような角ばったデザインから丸みを帯びたラウンドフォルムに変更されました。

前モデルからの一番大きな変化は背面です。フラットだった前作と違い、背面もラウンド形状、曲面になっています。

背面素材はXZ2はガラス、XZ2 Compactはプラスチック素材となっています。

また、指紋センサーが側面から背面へ移動しています。

カメラはフロント・背面共にシングルカメラですが、背面カメラはフルHD画質の960fpsスーパースローモーション撮影に対応しています。

通常の動画は30fps(一秒間に30コマ)ですから、960fps(一秒間に960コマ)はおよそ32倍のコマ数でスローモーション撮影・再生が可能です。

Snapdragon845という最新のハイエンドSoCを搭載し、XPERIA XZ1と比べて着実にブラッシュアップしています。

メモリは4GB、ストレージは64GBを搭載。microSDカードは最大400GBまで対応しています。

Qi規格のワイヤレス充電に対応しているため、ワイヤレス充電器を別途準備することでケーブルを接続せずに充電が可能です。

接続端子はUSB-C。イヤホンジャックが無いためイヤホンを接続するには同梱されているUSB-C接続のイヤホン変換ケーブルが必要です。

防水防塵、ワンセグ/フルセグ、おサイフケータイに対応。

ワンセグ/フルセグを視聴するには同梱されているイヤホン変換ケーブルをアンテナとして使用します。

生体認証は指紋認証のみで顔認証には対応していません。

OSはAndroid8.0を搭載。

docomoでの実質負担額は月額1,998円。月々サポート利用で総額47,952円となっています。

XZ2の上位モデル、XZ2 Premiumとの違いは大きく三ケ所。

・画面解像度

・デュアルカメラ

・メモリ容量

XZ2 Premiumは4K液晶(3840×2160)を搭載しているため高精細な表示が可能です。

デュアルカメラを搭載し超高感度撮影に対応しているため暗所でも綺麗に撮影が可能。

メモリ容量は6GBの大容量を搭載しています。

個人的な所感ではスマホに4K液晶を搭載するメリットは小さく、メモリは4GBで大抵事足りるため、XZ2の方がバランスが良いと感じます。何よりXZ2 Premiumの230gは重過ぎる。

日本ではXperia XZ2はキャリア専売モデルですが、海外ではSIMフリーモデルが販売されています。

並行輸入品になりますがAmazonから購入が可能です。

P20 Proの特徴

中国メーカーHUAWEIの2018年フラッグシップモデルです。

2018年上半期世界で最も話題になったスマートフォンと言っても過言ではないでしょう。

日本国内ではdocomo専売モデルとなりました。

6.1インチFHD+(2240×1080)有機EL液晶を搭載。

液晶上部にはインカメラ・光センサーのためのノッチ(画面にかかる切り込み)が存在します。

Leicaブランドのトリプルカメラを搭載。

世界的に大きな話題となりました。

2000万画素のモノクロレンズ

4000万画素のカラーレンズ

800万画素の望遠レンズを搭載。

通常の写真は4000万画素のカラーレンズでよりクリアに。

ズームしたい時には800万画素の望遠レンズで従来のデジタルズームより遥かに鮮明な写真を撮影することが可能です。

Xperia XZ2と同様に960fpsスーパースローモーション撮影が可能ですが、P20 Proでは720P(1280×720)撮影のみとなっています。

指紋センサーは液晶画面の下に配置。持ち上げずとも置いたまま指を当てるだけでロック解除が可能です。

背面部はXZ2と同じくガラス製。カメラ部分はやや突出していますが形状はフラットです。

目玉のカメラ機能は横持ち推奨なのかロゴは全て横書きされています。

側面部近くは曲面加工が施され高級感があります。

CPUはHUAWEI自社開発のKirin970を搭載。Snapdragon845には一歩譲りますが非常に高性能なCPUを搭載しています。

メモリ6GB、ストレージ128GBを搭載。

ストレージは大容量ですがmicroSDスロットがありません。

防水防塵、おサイフケータイに対応。

おサイフケータイは日本国内モデルのみの対応のため海外購入品には搭載されていません。

バッテリー3900mAh搭載。海外発表時4000mAhから減少したのはおサイフケータイ対応のためかもしれません。

ワンセグ/フルセグ、ワイヤレス充電には対応していません。

接続端子はUSB-C。イヤホンジャックが無いためイヤホンを接続するには同梱されているUSB-C接続のイヤホン変換ケーブルが必要です。

付属品としてクリアケース、USB-C接続ハイレゾ対応高音質イヤホン、USB-C接続microSDカードリーダーが同梱されています。

国内流通モデルはdocomoのみですが、Amazonで並行輸入の海外モデルが購入可能です。

どちらも間違いなく高スペックではあるのだが

スペック比較

 Xperia XZ2P20 Pro
CPUSnapdragon845Kirin970
antutu v7
予想スコア
総合スコア:260000
3Dスコア:106000
総合スコア:209000
3Dスコア:77000
メモリ4GB6GB
ストレージ64GB128GB
microSDスロット有り(最大400GB)無し
ディスプレイ5.7インチ
2160*1080ピクセル
6.1インチ有機EL
2240*1080
背面カメラ1920万画素(F2.0)4000万画素(F1.8)
1/1.7インチ カラーセンサー
+
2000万画素(F1.6)
モノクロセンサー
+
800万画素(F2.4)
望遠レンズ
インカメラ500万画素(F2.2)2400万画素(F2.0)
手ブレ補正電子式AI(光学式)
スローモーション撮影960fps 1080p960fps 720p
Wi-Fia/b/g/n/ac 2.4/5GHza/b/g/n/ac
Bluetooth5.04.2
バッテリー3060mAh3900mAh
接続端子USB-C
イヤホンジャック無し
USB-C
イヤホンジャック無し
サイズ縦:153mm
幅:72mm
厚さ:11.1mm
縦:155mm
幅:74mm
厚さ:7.9mm
重さ198g180g
OSAndroid 8.0Android8.1
生体認証指紋認証顔認証
指紋認証
防水・防じん
おサイフケータイ
ワイヤレス充電×
ワンセグ/フルセグ×
発売時期2018年5月31日2018年6月15日
価格docomo実質負担額
47,952円
docomo実質負担額
57,024円

どちらもantutuベンチマークの総合スコア20万超えのハイスペックモデルですが

搭載されているCPUが違うため点数以上に動作が大きく変わってきます。

P20 Proはゲームアプリが苦手?

P20 Proに搭載されているHUAWEIの自社開発CPU、KirinはSnapdragonと比較して3D性能が低く、ゲームの動作に関してはSnapdragonに軍配が上がります。

CPUの性能自体は決して悪くないのですが、シェア一位のSnapdragonを基準にしているのか3Dゲームでの音ズレやコマ落ちが発生してしまいます。

また、更新されていない古いゲームアプリではKirinに対応しておらず起動しないアプリが稀にあるようです。

ゲームアプリを快適にプレイするためにスマホを買い替えたい、と考えている人はP20 ProよりもXperia XZ2の方がおススメです。

2年間使った前のスマホの方が動きが良かった、なんてことになりかねません。

カメラ機能はP20 Proの圧勝

Xperia XZ2と比較してP20 Proはセンサーサイズ・レンズのF値で上回っており、P20 Proが間違いなく画質では有利です。

それに加えてLeicaブランドのトリプルカメラです。カメラ好きなら飛びつくのではないでしょうか。

機能面でもXperia XZ2は手振れ補正が電子式、P20 Proが光学式AI補正とP20 Proの方が高性能です。

960fpsでの撮影は2機種とも対応していますが、Xperia XZ2のみフルHDでの撮影が可能となっています。

結局どちらを買えば幸せになれるのか

カメラに力を入れているP20 Proと無難だが着実に進化したXperia XZ2、どちらも高性能ではあるのですが、得意とする分野が違います。

ゲームアプリを考えている場合はXperia XZ2が無難です。

Xperia XZ2以上に快適にゲームアプリが動作するAndroid端末は2018年6月現在、市場に存在しません。

ゲームなんかやらない!とにかくカメラだ!という人にはP20 Proがおススメです。

ゲームもやるし写真もよく撮る、P20 Proならどっちも出来るんでしょ?という人は一度よく考えた方がいいかもしれません。

ゲームプレイ時はSnapdragon845と比較してベンチマークの数字以上に動作に差が出てしまいます。

グラフィック性能では一世代前のSnapdragon835にも僅差ですが劣っていますから、カメラ性能は突出して優秀だが決して万能ではないと考えた方が良さそうです。

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

スマホ, ,

Author: