スマホ

Xperia XZ2 Premium 2018年世界最強スマホの一角が発表されたぞ!

2018年4月17日




Xperia XZ2 Premiumがついに発表

2018年2月開催のMWCにて予告されていたXZ2 Premiumがついに発表になりました。

圧巻のスペックをご紹介します。

スペック

 Xperia XZ2 Premium
CPUSnapdragon845
antutu v7
予想スコア
総合スコア:260000
3Dスコア:100000
メモリ6GB
ストレージ64GB
microSDスロット有り(最大400GB)
ディスプレイ5.8インチ
3840*2160ピクセル
背面カメラ1900万画素
1/2.3インチ カラーセンサー
1200万画素
1/2.3インチ モノクロセンサー
インカメラ1300万画素
1/3.06インチ カラーセンサー
バッテリー3540mAh
接続端子USB-C
サイズ縦:158mm
幅:80mm
厚さ:11.9mm
(最薄部6.4mm)
重さ236g
OSAndroid 8.0
防水・防じん
発売時期2018年夏頃
予想価格キャリア価格10万円前後

完全なるハイエンドスマホです。

細かく見ていきましょう。

CPUはSnapdragon845

既に発表済みのXperiaXZ2シリーズと同じくSnapdragon845を搭載。

Qualcomm社の最新SoCですね。現時点で世界最高の性能を誇ると言っていい超高性能CPUです。

antutuベンチマーク v7の予想スコアは総合スコア26万、3Dスコア10万です。

これより上は存在しない本当の意味のハイエンドです。

メモリ6GB ストレージ64GB

メモリは6GB、ストレージは64GBを搭載しています。

メモリは6GBも積んでいればまず足りなくなることはないでしょう。

ストレージも64GBあればSDカード無しの運用が十分可能な容量ですね。

転送速度も気になりますが、続報を待ちましょう。

5.8インチ4Kディスプレイを搭載

前モデルXZ premiumは5.5インチでしたがXZ2 Premiumでは5.8インチを搭載しています。

ドットを目視することはもはや不可能なレベルで高精細です。

残念なのはアスペクト比が16:9な点。

4K解像度で18:9の液晶はもうちょっとお預けになりそうです。

超高感度デュアルカメラ搭載

XZ2 Premiumではついにデュアルカメラを搭載しました。

相当力を入れており、背面カメラは1/2.3インチセンサーを搭載しています。

センサーサイズはそのまま画質に直結しますので大型センサーを搭載するのは嬉しいですね。

静止画撮影ではISO51200、動画撮影時にISO12800の高感度撮影に対応しています。

ISO51200では目視よりも明るく撮影出来そうですね。

夜景や星空、室内での撮影時に大いに活躍してくれそうです。

重さ236g

これだけの超スペック端末では仕方ないのかもしれませんが、重さ236gと相当な重量になっています。

前モデルは191gと200g以下に抑えられていたので200g以下を堅持して欲しかったのですが、厚みと同様に重さも増していました。

5.7インチのXZ2も198gあるため、更に高性能・更に大画面のXZ2 Premiumが重くなってしまうのは仕方がないことなのかもしれません。

発売日・価格はどうなる

2018年夏頃発売とされていますが、日本での発売時期に関しては言及がありませんでした。

世界より2〜3ヶ月遅れて秋頃の発売になると予想しています。

価格もキャリアでの販売を考えると10万円前後になりそうです。

ガジェット部まとめ 超ハイスペックだが厚くて重い

性能に関しては文句の付けようがありません。

性能に不満が出ることは数年間無いでしょうね。

ただ、やはり大きな欠点として厚み・重量があります。

厚み7-8mmのスマホが多い中で最厚部11.9mmというのは相当悪目立ちしてしまいそうです。

重さに関しても同様です。軽量な7インチタブレットくらいの重さがあります。

ケースを装着したら300g近い重さになりそうですね、背面ガラスなのでケースは必須だと思うのですが。

それでも他の機種に無い特徴があることも事実です。

他社はフラッグシップモデルでも4Kディスプレイを搭載していませんからね。

厚み・重さの欠点を許容出来るかで満足度が大きく変わりそうな一台です。

一口で重いと言っても大きさ・持ちやすさで感じ方は変わりますから、購入を考えている方は一度実機を見て判断することをオススメします。


Yahoo! JAPAN(ヤフージャパン)が運営するクレジットカード

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

スマホ,

Author: