スマホ

ソニーからXperia XZ3が発表されたぞー!これを選んでおけば間違いない!




6インチ有機EL液晶搭載のXperia XZ3が発表されました

ソニーモバイルからXperia XZ3が発表されました。

遂にXperiaもシリーズ初となる有機ELを搭載。

以下スペック。

 Xperia XZ3
CPUSnapdragon845
antutu v7
予想スコア
総合スコア:260000
3Dスコア:100000
メモリ4GB
ストレージ64GB
microSDスロット有り(最大512GB)
ディスプレイ6インチ
2880*1440ピクセル
有機EL
HDR
背面カメラ1900万画素(F2.0)
イメージセンサー1/2.3
インカメラ1300万画素
センサー1/3.06
バッテリー3330mAh
接続端子USB-C
サイズ縦:158mm
幅:73mm
厚さ:9.9mm(最薄部約3mm)
重さ193g
ワイヤレス充電
防水・防じん
IP65/68
OSAndroid 9
発売時期2018年秋以降
価格予想価格10万円前後

6インチとXZ2の5.7インチより一回り大きく、解像度もQHD+(2880*1440)でより高精細に。

さらに両サイドが湾曲する曲面ディスプレイを採用。ガラスには強度の高いゴリラガラス5。背面ガラスにもゴリラガラス5を使用しているようです。

基本性能はSoCにSnapdragon845・メモリ4GB/ストレージ64GBとハイスペックです。

antutuベンチマークは26万点を超え、3Dを大量に使用したゲームも最高画質でするする動くでしょう。

メモリ4GBだけがハイエンドで多く搭載されている6GBに比べるとやや少なくなりますが、アプリの使用中にメモリ不足でアプリが落ちることはまず無いでしょう。

背面カメラはXZ2と同じくシングルカメラを搭載。

デュアルレンズにしないのはPremiumモデルとの差別化でしょうか。

カメラは1900万画素F値2.0でセンサーサイズは1/2.3。

0.03秒のハイブリッドオートフォーカスに対応。

FHDで960fpsのスーパースローモーション撮影や4KでのHDR録画にも対応しています。

フロントカメラもシングルカメラを搭載。

1300万画素センサーサイズ1/3.06。

またXZ2で不評だった厚さも改善されています。

本体サイズは縦:158mm・横:73mm・厚さ:9.9mm。XZ2と同じく背面がラウンド形状になっているため最薄部は約3mm。

重さは193gとやや重量級。しかし全部入り6インチスマホと考えれば許容範囲でしょう。iPhone 8 Plusの202gより幾分軽量です。

生体認証は指紋認証に対応。SONYのグローバルサイトによる仕様では顔認証に対する言及が無いため顔認証には対応していないようです。

指紋センサーは背面中心部に配置されています。

XZ2でも同じく背面中心部にセンサーを設置し、指が当てにくいと不評もあったようですが変更は無し。

背面上部にカメラがあるため慣れないうちはそちらをタッチしてしまうようです。

ワイヤレス充電にも対応。

公式オプションで9Wのワイヤレス充電ドックWCH20Cを販売しています。税別9,980円。

防水防塵性能はIP65/68。

カラーはBLACK/Bordeaux Red/Forest Green/White Silverの4色。

どのカラーリングでも液晶ベゼルは黒に統一されています。

公式での価格や発売日はまだ発表されていませんが、Amazon.de(ドイツ)に登録されている情報によると発売日は10月5日、価格は799ユーロとなっています。

日本円でおよそ103,000円。XZ2と変わらない価格設定です。

ガジェット部まとめ キャリアでAndroidを買うなら鉄板な一台

カメラこそシングルではあるものの、大画面・有機EL・SD845・防水防塵・ワイヤレス充電と全部入りなある意味日本企業らしいスマホです。

日本で販売される端末には更におサイフケータイとワンセグ/フルセグが追加されるでしょう。

キャリアでAndroid端末を購入するなら鉄板となりそうな一台です。

しかし海外では同様に全部入のGalaxy Sシリーズが既に盤石なため、どこまでシェアに食い込めるかが気になります。かなり厳しそうではありますが。

個人的には背面フラットでスクエアなXZ1を18:9液晶にしてスペックアップした端末もラインナップに入れてほしいところ。

角ばったデザインも無骨でかっこいいですよね。

日本での発売は数ヶ月先になりそうなXPERIA XZ3ですが、EXPANSYSにてSIMフリー版の予約を受付中
icon
まだ価格は未定となっていますが価格決定後にキャンセルも可能なので気になる方は一度確認してみてください。

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

スマホ, ,

Author: