PC

格安でWindows10を買ってみた PSNGAMES.ORG




Windowsのライセンスが足りなかった

新しくパソコンを一台増やしました。

Windows10のライセンスが一つ余っていると勘違いしていたため、新しいパソコンが認証に通りません。

台数が増えすぎて把握しきれておらず、お恥ずかしい限り。

画面右下にライセンス認証通っていませんよという透過メッセージが表示されます。

なんて悲しいメッセージ。一刻も早く認証しなくては。

国内Microsoftの購入ページは高い、お財布に大打撃

認証エラーから促され、MicrosoftのWindows10購入ページに移動します。

お値段27,864円。

分かってはいましたがお高い。

Amazonの購入ページを確認してみます。

DSP版のHomeエディションが15,500円。

Proエディションが18,340円。

パッケージ版のHomeエディションが14,581円。

Proエディションが21,616円

クーポン適用後の価格です。

Amazonの割引のためHomeエディションに関してはパッケージ版の方が安い結果に。

法人での使用でなければパッケージ版のHomeエディションが良さそうです。

DSP版とパッケージ版の違いについて

DSP版はパーツとWindowsのセット販売です。

パーツと同時使用することがWindowsの使用条件になっています。

同時に購入したパーツが故障や規格が変わり使用できなくなった場合は、Windowsも使用できない、ということになります。

パッケージ版はWindowsの単品販売ですからどんなパソコンでも使用が可能です。

パソコン買い換えの際にも今まで使用していたWindowsを消去することで新しいパソコンにインストールすることが可能です。

海外からライセンスだけ購入すれば非常に安価

個人使用なのでAmazonからHomeエディションでも買おうかと思っていたのですが

海外のサイトではもっともっと安価に販売しているとの情報があり、確認してみました。

こちらが販売ページ。

スクリーンショットに映るライセンス認証のメッセージが切ない。

OEM版が$13.79。

リテール版が$21.59。

1ドル115円で計算するとOEM版が1585円。リテール版が2482円。

驚きの安さです。

販売しているPSNGAMES.ORGはゲームを販売しているショップのようですが、パソコンソフトなども取り扱っているようです。

OEM版とリテール版の違いについて

OEM版はパソコン一台にのみライセンス認証が可能です。

パソコンを買い替えた際には認証が出来ないためライセンスを再度購入する必要があります。

DSP版と似ていますがDSP版の場合はパーツの流用が出来れば新しいパソコンでもライセンスの認証が可能です。

リテール版はパッケージ版と同じく、今まで使用していたWindowsを消去すれば自由に新しいパソコンにインストールが可能です。

実際にPSNGAMES.ORGからライセンスキーを購入してみた

実際に使えるのか?海賊版の詐欺サイトなんじゃないの?という疑問は拭えませんが、実際に購入してみました。

https://psngames.org/software/windows/microsoft-windows-10-professional

先ほどの購入ページでカートに追加します。

カートに追加が完了したらCheckoutで購入に進みます。

今回はリテール版の購入です。

クーポンコードがあればこの画面で入力するようですが、コードを持っていないため今回は空欄です。

規約に同意するかにチェックを入れて「Place Order」をクリックして進みます。

アカウントがある場合はログインを、初めて利用する場合にはSign Upを選択してアカウントを作成します。

スクリーンショットを撮り忘れましたがアカウントの作成に必要なのは

・メールアドレス

・パスワード

・名前

の情報のみです。住所やクレジットカードの情報は不要です。

アカウントの作成後に決済画面に進みます。

海外通販で幅広く使われているPayPalも使用可能です。

PayPalを選択しました。

問題無さそうなのでこのまま支払いをします。

支払い完了してPSNGAMES.ORGのページに戻ります。

アカウントの在庫があればこの注文完了ページにライセンスキーが表示されるようですが、今回は表示なし。

アカウントの注文履歴から確認したところ、48時間以内にライセンスキーが発行され通知が来るとのこと。

一時間後にメールが届きました。

ライセンスキーが発行されたようです。ログインして確認します。

Keyが表示されています。

確認していませんでしたが90日間の保証があるようです。

早速認証してみます。

コピーして貼り付けでは無効な文字列とされてしまったため手打ちで入力します。

無事認証されました。

画面上に常時表示されていたライセンス認証のメッセージも消えています。

無事認証は出来たものの、今後どうなるか分からない

正規品か非正規品かと聞かれれば、確実に非正規ライセンスでしょう。

企業向けOEMの横流しライセンスだとか、ボリュームライセンスの切り売りだとか噂されています。

ライセンス自体は正規だとしても流通経路がおかしいため、規約違反となる可能性もあります。ボリュームライセンスの切り売りだとしたら容認されるはずありませんからね。

今回は物は試しとPSNGAMES.ORGから購入してみましたが、認証エラーが出ればAmazonからパッケージ版を購入するつもりです。

人にはとてもお勧めできませんので金をドブに捨てるつもりのない方は素直に正規品の購入をおススメします。

購入する方も自己責任で購入してください。認証エラーとなってしまっても責任は取れません。

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

PC, ,

Author: