Apple

Macのスクリーンショットをデフォルトでjpgに指定する方法




スクリーンショットをjpgで保存する

Macのスクリーンショットは

command + shift + 3 で画面全体を

command + shift + 4 で部分選択スクリーンショットを撮ることが出来ます。

スクリーンショットはデフォルトではデスクトップにpng形式で保存されます

png形式は画質の劣化が無く高画質ですがファイルサイズがやや大きくなってしまいます。

メールなどに添付する場合はファイルサイズの軽いjpgで保存したいですよね。

ということでスクリーンショットの設定を変更する方法です。

ターミナルでコマンド実行

ターミナルを起動します。

Macには標準で入っているアプリケーションです。

デフォルトの場所は「Launchpad」の「その他」フォルダの中。

起動したら以下のコマンドをコピーして貼り付け、エンターを押します。

defaults write com.apple.screencapture type jpg

コマンドを実行したところ。

画像の通りコマンドの結果などは表示されませんがこれで設定完了です。

exitと入力してターミナルを終了しましょう。

以上がスクリーンショットをjpgで保存する設定方法です。

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

Apple,

Author: