スマホ

MotorolaよりMoto G6が発売中!手頃で普段使いにちょうどいい!




Motorolaより手頃で普段使い向けのSIMフリースマホが登場!

Motorolaは6月8日より新型SIMフリースマホMoto G6の発売を開始しました。

G6は3万円前後の手頃な値段でミドルレンジクラスのスペックとなっています。

かつて携帯電話世界一のシェアを誇ったMotorolaの最新スマホの魅力をご紹介します。

スペック

同価格帯で性能も近いHUAWEI nova lite2と並べておきますね。

 Moto G6nova lite 2
CPUSnapdragon450Kirin659
antutu v7総合スコア:70000
3Dスコア:12000
総合スコア:88000
3Dスコア:13000
メモリ3GB3GB
ストレージ32GB32GB
ディスプレイ5.7インチ
2160*1080ピクセル
ゴリラガラス
5.65インチ
2160*1080ピクセル
microSDスロット有り(最大128GB)有り(最大256GB)
背面カメラ1200万画素(F2.0)
+
500万画素(F2.2)
1300万画素
+
200万画素
インカメラ1600万画素(F2.2)800万画素
Wi-Fia/b/g/n (2.4/5GHz)b/g/n (2.4GHz)
バッテリー3000mAh3000mAh
急速充電
15W急速充電器同梱
×
5V2Aまでは対応
大きさ縦:153.8mm
幅:72.3mm
厚さ:8.3mm
縦:150.1mm
幅:72.05mm
厚さ:7.45mm
重さ162.5g143g
接続端子USB-C
イヤホンジャック有り
microUSB
イヤホンジャック有り
生体認証指紋認証
顔認証
指紋認証
顔認証
防水・防じん××
おサイフケータイ××
ワンセグ/フルセグ××
発売時期2018年6月8日2018年2月
価格Amazon価格
税込28,270円
Amazon価格
税込24,740円

Moto G6の特徴

5.7インチの画面比率18:9縦長ディスプレイを搭載。

解像度はFHD+(2160×1080)でガラスにはゴリラガラスを使用しています。

CPUはSnapdragon450を搭載。ミドルレンジCPUです。

メモリは3GB、ストレージは32GBを搭載。

microSDは128GBまで対応しています。

背面カメラはF値2.0の1200万画素とF値2.2の500万画素レンズからなるデュアルレンズカメラを搭載。ポートレート撮影に対応。

背面はガラス素材を使用。側面部はカーブしていて高級感があります。

Motorola独自のMotoエクスペリエンスに対応。「手首をひねる」「二回振り下ろす」などの動作にLEDライトの点灯やカメラの起動を設定することが出来ます。

バッテリーは3000mAh、15Wの急速充電に対応。

期間限定で15WのACアダプタが同梱されるようですが、期間は不明です。

接続端子はUSB-C、イヤホンジャック有りです。

生体認証は指紋認証・顔認証に対応。

Amazonでは28,270円で販売されています。

ガジェット部まとめ 普段使いにはちょうどいい一台

Snapdragon400番台はミドルレンジクラスのCPUですが、最新の450まで来るとかなり動作に余裕が出てきます。

同価格帯のスマホは430を搭載していることが多いため、ここが人気の理由ですね。

antutuベンチマークでは総合スコア7万程です。普段使いには充分でしょう。

SNS、WEBブラウザ、地図アプリ程度の使用であればストレスなく動作します。

ベンチマークスコアではKirin659の方が数値が上ですが、動作としては大きな差はありません。

3Dスコアの数値も非常に近いためゲームの動作もほとんど差が出ません。むしろシェアの大きいSnapdragonを採用しているMoto G6の方がスムーズに動くゲームもあるはずです。

3Dゲームをゴリゴリプレイする人でなければ不満が出ることは少ないでしょう。

Motoアクションは以前のモデルでも好評で、これを目当てに購入する人もいるようです。画面タッチ無しでLEDライトを使えるのは確かに利便性高そうです。

Amazonでは3万円を切る価格で販売されており、コストパフォーマンスの高さは相当なものです。

日本ではシェアが低いためちょっと変わったメーカーのスマホを使いたい方にもおススメ。

プラス1万円で上位機種のG6 Plusが選択可能なため悩ましいところですが、G6 Plusとの差は主に以下の点です。

・画面サイズが一回り大きく(5.93インチ)

・CPUが更に高性能に(Snapdragon630)

・メモリ/ストレージが倍増(4GB/64GB)

・背面カメラのスペックアップ(F値1.7、画素数は変わらず)

ライトユースならG6、ある程度ゲームでの快適さやカメラ撮影を重視するならG6 Plusを選択するのが良さそうです。

対抗機種nova lite 2のOCNモバイルONE SIMパッケージ同梱版がセール中で2万円を切っているため、とにかく安く使える物が欲しい人にはnova lite 2もおススメです。

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

スマホ, ,

Author: