タブレット

MediaPad M5がとうとう発表された!買うしかない!

2018年5月10日




MediaPad M5がついに国内発表!発売日も近い!

ついにHUAWEIからMediaPad M5が国内発表されました!

本日5月10日より予約開始で発売日は5月18日金曜日となっています。

人気だったM3の発売が2016年12月ですから、一年半経ってようやく後継機種が出ました。

ハイスペックな8インチクラスって他に選択肢が無いんですよね。

AppleのiPad miniも一向に新モデルが出ませんし、ASUSのZenPadもZ581KL以降国内でミドルクラス以上の新機種が発売されていません。

6インチクラスのファブレットと競合してしまうのが8インチクラス衰退の理由のようですが、2インチ違えば全く別物です。

ガンガン持ち歩けるタブレットとして8.4インチタブレットはおススメです。

スペック

 

 MediaPad M5
CPUKirin960
antutu v7総合スコア:180000
3Dスコア:65000
メモリ4GB
ストレージ32GB
ディスプレイ8.4インチ
2560*1600ピクセル
背面カメラ1300万画素
インカメラ800万画素
microSDスロット有り(最大256GB)
バッテリー5100mAh
サイズ縦:212.6mm
幅:124.8mm
厚さ:7.3mm
重さ320g
接続端子USB-C
発売日2018年5月18日
価格Wi-Fi版
40,824円
SIMフリー版
49,464円
Amazon価格

antutuベンチマークは実機ではなく同じSoCを搭載する機種の参考値。

MediaPad M5は解像度が高いためややスコアは落ちるかも。

CPUはKirin960を搭載

HUAWEI自社開発のKirin960を搭載しています。

性能はSnapdragon835にやや劣るかなというところです。

スマートフォンの最新ハイエンドに比べるとやや落ちる印象ですが、普段使いはもちろんゲームをやっても充分な性能でしょう。

フレーム単位で遅延を求めるような使い方でない限りまず必要充分です。

8.4インチWQHDディスプレイ搭載

前モデルMediaPad M3と同じく8.4インチのWQHDディスプレイを搭載。

前モデルも決してベゼルが大きかったわけではなかったのですが、MediaPad M5は更にベゼルが小さくなりスタイリッシュになりました。

メモリ4GB/ストレージ32GB

メモリ4GB、ストレージ32GBを搭載しています。

ストレージ32GBはやや少ないですね。ここは残念。

SIMフリーモデルだけでも64GBあれば言うことなかったのですが。

microSDXC最大256GBまで対応しているため、大きいアプリや画像・動画・音楽ファイルはmicroSDに保存するのが良さそうです。

HARMANブランドのステレオスピーカー搭載!MediaPadの名は伊達じゃない!

HARMANブランドのステレオスピーカーを搭載。

縦持ちした際の上下、横持ちした際の左右にあたる部分にステレオスピーカーを搭載しています。

端末の両側にスピーカーがあるのは嬉しいですね。

動画や音楽などを楽しむには無印iPadよりもこちらの方が良さそうです。

最初からケースも付いてる!至れり尽くせり!

前作MediaPad M3ではSIMフリーのプレミアムモデルにのみケースが同梱されていましたが、今回のMediaPad M5はWi-Fi版・SIMフリーモデル全てにオリジナルケースが同梱されています。

未確認ですが、保護フィルムも既に貼り付け済みかもしれません。

ただし保護フィルムはあったとしてもあくまでオマケのため埃の混入などを理由に交換・返品は不可のようです。

画面保護も可能なケースが同梱されているため、本体を一つ買うだけで常用可能となっています。

ガジェット部まとめ 買うしかない!な一台

8インチクラスでミドルクラス以上が欲しいなら現状ではこれ一択です。

32GBとストレージはやや心もとないものの、他に欠点は見当たりません。

重いアプリはmicroSDに入れるか、どうしても本体ストレージが欲しい場合は海外モデルを検討するといいでしょう。

本体カラーシャンパンゴールドならばストレージ64GBのモデルも購入可能です。

expansysから購入可能で、日本への送料・関税を含めても5万円以下と値段もほぼ変わりません。

ただし日本での保障や日本版のオリジナルケースは付属しません。

私は国内SIMフリーモデルを購入予定です。

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

タブレット, ,

Author: