Apple

噂の新型MacBook AirがRetinaディスプレイを引っさげついに登場!思ったより微妙!








MacBook Airがついに登場!Airもカラフルになったよ!

Appleから新型MacBook Airが発表されました。

廉価なノートパソコンは半年以上前から噂になっていましたが、とうとう発表されました。

発表されたのは新型MacBook Air 13.3インチRetinaモデル。

解像度2560*1600ピクセルの13.3インチのIPS液晶を搭載。これまでのMacBook Airと比べるとベゼルが非常に細くなりました。

MacBook ProのようなTouch BarはありませんがTouch IDを搭載し指紋認証によるロック解除やApple Payの支払いに対応。

MacBookやMacBook Proと同様にバタフライキーボード・感圧トラックパッドを採用。

CPUには第8世代のCore i5を搭載。10月31日時点では選択可能なCPUは1種類のみです。

メモリは標準で8GB。オプションで16GB搭載可能です。

SSDは最小構成時128GB。オプションで最大1.5TBまでのSSDが搭載可能。全て高速なPCIe接続です。

インターフェイスはThunderbolt3(USB-C)ポートが2つのみ。

本体サイズは幅30.41cm、奥行き21.24cm、高さ0.41~1.56cm。

重量は1.25kg。

カラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールドの三色展開。

バッテリーは最大13時間の動画再生が可能です。

販売価格はSSD128GBモデルが税別134,800円。256GBモデルが税別156,800円。

発売日は11月7日です。

第一印象としてはこれまでのMacBook Airの後継モデルというよりは既存の12インチMacBookと13インチMacBook Proの中間モデルといった印象。

価格も999ドルなんて噂でしたが、いざ発表されてみれば1199ドルからと廉価版というほど安くはないようです。

13インチMacBook ProのTouch Bar無しモデル(税別142,800円)と価格はそれほど変わりません。

CPUはファンレス?該当するCPUは現時点で見当たらず

第8世代Core i5でデュアルコア、そんなのあったっけ?と思いインテルのサイトを漁ってみましたが発表されたMacBook Airに合致するCPUは無し。

どうやらintelも未発表のCPUを搭載しているようです。

条件に一番近いのはCore i5 8200Y。これのグラフィック強化モデルが搭載されているかも。

いずれにしてもUHD617グラフィックスなのでTDPが5Wの低電力・低発熱のCPUが搭載されているはず。

一般的にはネットブックやタブレットPC向けとされるCPUです。

TDP5Wということは12インチのMacBookと同等かやや上くらいの性能に落ち着きそうです。

同じ画面サイズのProモデルがありますから、高性能である必要はないという判断でしょうか。

Appleのノートパソコンは排熱口がヒンジの裏に設置されているため画像からはファンの有無が分かりにくいのですが、TDP5WのCPUを搭載しているのであればファンレスと考えて間違いなさそうです。

もしファンがあったとしても低発熱のため静音性は非常に高そうです。

完全な余談ですが既存のMacBook Airをファンレスだと思って使っている人も多いですね。

USB-Cポートは2つ!MacBookよりは融通がききます

インターフェイスはThunderbolt3(USB-C)が2つ。以上。

今までのMacBook AirのようにフルサイズのUSBポートやSDカードスロットはありませんが、USB-Cが2つあるのが救いです。

充電・外部ディスプレイへの出力もUSB-Cポートより行います。

給電機能のあるUSB-Cハブを使えば1つのUSB-Cポートでもディスプレイや周辺機器を接続したまま本体に給電することが可能ですが、そういったUSB-Cハブのほとんどが4K 60Hzに非対応。

4Kモニタへの接続を考えている場合は12インチのMacBookよりも新型MacBook AirやMacBook Proを選んでおけば後々不自由しなくて済みます。

ガジェット部まとめ 積極的に選ぶ理由が無い なんだろうこれ

新型MacBook Airの重さは13.3インチで1.25kg。

MacBook Proの13.3インチモデルは1.37kg。

しかも横幅と奥行きは全く同サイズなんです。違うのは厚さと重さのみ。

MacBook Proの現行機種で最安モデルは税別142,800円。

MacBook Airの最安モデルは税別134,800円。

Airに搭載されているのは省電力CPU、Proに搭載されているのは一般的なノートパソコン向けCPU(i5 7360U)なので性能は比べるまでもなくMacBook Proが優秀です。

この差額であればほとんどの人がMacBook Proを選択するのではないでしょうか。

少しでも軽い方がいい、というのであれば0.92kgのMacBookがあります。256GBのSSDで税別142,800円。

大きさ・重さはMacBook Proとさほど変わらず、性能はMacBookとさほど変わらず。価格は8000円だけ安い。

恐らくMacBook ProのTouch Bar無しモデルは今後モデルチェンジせずに消えていくのだと思うのです。

ですが現状では現行機としてラインナップされているため、ちぐはぐな印象が拭えません。

もしMacBook ProのTouch Bar無しモデルが無かったとしたら

MacBook SSD256GB 税別142,800円

MacBook Air SSD128GB 税別134,800円

MacBook Pro SSD256GB 税別198,800円

と、価格帯が別れてAirも選択肢としてあり得ます。

ですがMacBook Proの低価格モデルが現行機から消えるまではMacBook Airを積極的に選ぶ理由は無いでしょう。

噂通り税別11万くらいなら印象も違ったんですが。

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

Apple,

Author: