スマホ

INFOBARがLTEに対応して帰ってきた!INFOBAR xv 2018年秋発売予定




あのINFOBARが帰ってきた!相変わらずのオシャレっぷり

auはINFOBAR発売15周年記念となるINFOBAR xvを2018年秋に発売すると発表しました。

ニュースリリース INFOBAR15周年モデル、「INFOBAR xv」を2018年秋に発売決定

2003年10月に発売した初代「INFOBAR」と同様にプロダクトデザイナー深澤 直人氏がデザイン。

デザイン的には2007年発売のINFOBAR2に近いです。

歴代INFOBARでは実現できなかったフレームレステンキーを実現したとのこと。

2015年に発売されたAndroidをベースにしたフィーチャーホンでいわゆる「ガラホ」の扱い。

そのためGoogle PlayからAndroid向けアプリをインストールして利用することは出来ない。

4G LTE通信に対応しWi-Fiテザリングに対応しLINE、+メッセージは標準でアプリがインストールされているため利用可能。

独自機能としてスマートフォンと連携しスマホの音声アシスタントを呼び出すことができる「スマホ音声アシスタント呼出機能」を搭載。

通話するスタイルでスマートフォンのGoogleアシスタントやSiriを利用出来る。

価格は未定、発売時期は2018年秋を予定。

スペック

詳細は発表されていないが現在分かっているスペックは以下の通り。

 INFOBAR xv
CPU未公開
メモリ未公開
ストレージ8GB
ディスプレイ3.1インチ
800*480ピクセル
microSDスロット有り(最大32GB)
背面カメラ800万画素
インカメラ未公開
Wi-Fib/g/n
Bluetooth4.1
バッテリー1500mAh
大きさ縦:138mm
幅:48mm
厚さ:14mm
(暫定値)
重さ未定
接続端子micro USB
生体認証無し
ワンセグ/フルセグ×/×
防水・防じん×
おサイフケータイ×
緊急速報メール
FMラジオ
発売時期2018年秋発売予定
価格未定

CPUとメモリに関しては現時点で未公開だが、高性能なものは搭載しないことが予想される。

動作の重いアプリなどは想定していないし、そもそもGooglePlayに対応してないためインストールもできないため、OSが不都合なく動作すれば充分だろう。

Wi-Fiテザリングが利用可能なことは既に公表されているが、Bluetoothを使用したテザリングに関しては現時点では不明。

BluetoothでのテザリングやUSBケーブルを接続したテザリングが利用出来れば活用の幅が大きく広がるため是非対応を期待したい。

microSDカードスロットは備えるが対応は32GBまででSDXC規格のmicroSDカードには対応していないため注意が必要だ。

バッテリーは1500mAhとガラホとしては大容量バッテリーを備える。

連続待ち受け時間は未公開だが、スペックから見ると完全に通話専用とした場合一週間くらいはバッテリーが持ってもおかしくない。

LINEや+メッセージを利用した場合は使用頻度にもよるが1~3日ほどだろうか。

少なくとも夜充電して翌日の昼にはバッテリー残量が無い、ということはまず無さそうだ。

防水防塵、おサイフケータイ、ワンセグ/フルセグには対応していない。

おサイフケータイくらいは対応して欲しかったところ。ガラホでおサイフケータイに対応しているモデルは多くないため技術面やコスト面で難しいのかもしれない。

カラーは3色 シックでスーツにも合いそう

カラーは3色で左からNISHIKIGOI(錦鯉)NASUKON(茄子紺)CHERRY BERRY(チェリーベリー)

NISHIKIGOIはポップなイメージだがNASUKON、CHERRY BERRYはデザインこそ派手だがシックなカラーでまとまっていてスーツ着用時でも違和感は無さそうだ。

ガジェット部まとめ ニッチな製品だが普通に売れそう

ガラホはニッチなジャンルですが、これはなかなか売れそうです。

通話とLINEとテザリングが出来れば別にスマホじゃなくてもいいのにと考える人は私を含め一定数いるはずです。後は地図アプリが使えれば文句無し。

スマホ向けのアプリはほとんどの場合タブレット端末でも動きますし、持ち歩き用に8インチタブレットを使っている人はスマホの使用頻度が低いと思います。

そうすると通話とLINEさえ出来ればほとんど事足りてしまうんですよね。通話可能な8インチタブレットを使うという手もありますが、ちょっとコンビニに行く時などに手ぶらで行けないのはストレスです。

INFOBAR xvはそんなニッチな需要を満たしてくれる製品です。

着信やLINEなどリアルタイムで確認したいものはINFOBAR xvで、ゲームや電子書籍などはタブレットの大画面で楽しむという使い分けができます。

後はスマホと併用して2台持ちですね。こちらの方が需要としては大きそう。

DSDSに対応する機種が増えてきましたが仕事用とプライベート用で完全に携帯を分けることが出来るのはやはり便利。仕事用と割り切ればGoogle Playストアが無いのも問題ないでしょう。

少しだけ不安なのは価格です。ガラホの場合多くは2~3万円の低価格で販売されますが、デザインにこだわったINFOBAR xvはガラホとしては高価になるのが予想されます。

具体的には4~5万円でしょう。

発表されたのはauですが、UQモバイルでも販売してくれれば更に売れ筋商品となりそうです。

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

スマホ, ,

Author: