スマホ

HUAWEI Mate 20 liteがビックカメラ専売で11月30日発売!価格は39,800円








Kirin710搭載でコスパに優れるMate 20 liteが発売

HUAWEIは最新SIMフリースマートフォンMate 20 liteを11月30日よりビックカメラグループで販売すると発表しました。

販売予想価格は39,800円。

Mate 20 liteは6.3インチのフルHD+(2340*1080ピクセル)液晶のミドルハイクラススマートフォン。

HUAWEI独自のオクタコアCPUであるKirin710を搭載。antutuベンチマークは13万点台。

メモリ4GB/ストレージ64GB。最大256GBまでのmicroSDカードに対応しています。

イン・アウト共にデュアルレンズカメラを搭載。AIによる自動シーン判別にも対応。

ビックカメラグループの専売モデルとして「ビックカメラ」「ソフマップ」「コジマ」で販売されます。

スペック

 HUAWEI Mate 20 lite
SoCKirin710
antutuベンチマーク v7
総合スコア:138000
3Dスコア:21000
メモリ4GB
ストレージ64GB
microSDスロット有り(最大256GB)
ディスプレイ6.3インチ
2340*1080ピクセル
背面カメラ2000万画素
F1.8
+
200万画素
インカメラ2400万画素
F2.0
+
200万画素
Wi-Fia/b/g/n/ac (2.4/5GHz)
バッテリー3750mAh
接続端子USB-C
イヤホンジャック有り
サイズ縦:158.3mm
幅:75.3mm
厚さ:7.6mm
重さ172g
生体認証指紋認証
顔認証
防水・防じん×
ワイヤレス充電×
同梱物ACアダプタ(9V2A)
USB-Cケーブル
マイク付きイヤフォン
SIM取り出しピン
保護フィルム
発売時期2018年11月
価格税別39,800円

ガジェット部まとめ 更なるコスパのnova・Pシリーズ待ちも有り

3万円前後で購入可能なP20 liteと比べると画面が一回り大型になり、性能が大幅に向上しています。

しかし今後更に安価で販売されるであろうnovaシリーズやPシリーズのliteモデルでも同じKirin710が採用されれば

Mate 20 liteよりもコストパフォーマンスが高くなります。

もちろん画面サイズやカメラ画質など全体的なパフォーマンスではMate 20 liteの方が上になるはずですが、同じKirin710が採用されれば処理能力では同等になります。

そして今までMate・nova・Pシリーズ共にliteモデルは同じSoCを搭載しているため、Kirin710が搭載される可能性は高いです。

安価で処理能力の高い、いわゆるコスパの高い端末を望むのであれば次期novaシリーズ・Pシリーズのliteモデルを待つのも有りかなと思います。

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

スマホ,

Author: