スマホ

HTC U12+が発表!噂のスケスケフラッグシップ!




HTCからフラッグシップモデルU12+が7月20日に発売

HTCよりSIMフリースマートフォンの最新モデルHTC U12+が発表された。

7月20日発売で価格は税抜95,000円。

公式オンラインショップHTC e-Shopでは先着500名に5000円クーポンを配布中。

購入画面ではクーポンの適用画面は表示されないが、商品出荷時に5000円引いた金額で決済し発送してくれるとのこと。

クーポンの配布終了時にはトップページの「What’s New」にお知らせが出るはずなので購入する前に一度確認することをお勧めします。

HTC U12+のスペック

 HTC U12+
CPUSnapdragon845
antutu v7
予想スコア
総合スコア:260000
3Dスコア:100000
メモリ6GB
ストレージ128GB
microSDスロット有り(最大256GB)
ディスプレイ6インチ
2880*1440ピクセル
背面カメラ1600万画素
+
1200万画素
広角カメラ
インカメラ800万画素x2
Wi-Fia/b/g/n/ac (2.4/5GHz)
バッテリー3420mAh
急速充電QC4.0/PD3.0
接続端子USB-C
イヤホンジャック無し
サイズ縦:156.6mm
幅:73.9mm
厚さ:8.7mm
(カメラ高含9.7mm)
重さ188g
OSAndroid8.0
生体認証指紋認証
顔認証
防水・防じん
おサイフケータイ
ワンセグ/フルセグ×
発売時期2018年7月20日
価格税別95,000円

HTC U12+の特徴

HTC U12+は同社のハイエンドモデル。

6インチQHD+(2880*1440)の18:9液晶を搭載。ノッチはないためスッキリとした印象。

HDR10をサポートする。

CPUはSnapdragon845を搭載。

メモリ6GB、ストレージは128GB。最大256GBまでのmicroSDXCカードに対応。

背面カメラは1600万画素と1200万画素の広角カメラからなるデュアルカメラを搭載。

光学2倍ズーム、デジタル10倍ズームに対応。光学式手ブレ補正に対応している。

動画撮影時には4K60fpsやフルHDサイズでの240fpsスローモーション撮影が可能。

インカメラは800万画素2つからなるデュアルカメラを搭載。インカメラでも背景をボカした写真を撮ることが可能となっている。

HTC U11で好評だった「エッジ・センス」を更に進化させた「エッジ・センス2」を搭載。

側面部に感圧と超音波のセンサーが内蔵されており「握る」、「持つ」、「ダブルタップ」などの動作でカメラの起動やランチャーの起動、スクリーンショットの撮影など任意の動作を割り当てることが出来る。

エッジ・センス2への対応のためか、側面にある電源ボタン、音量ボタンも感圧センサーに変更されているため、実際にボタンを押すことは出来ない。

側面ボタンを押した時には振動によるフィードバックがある。iPhone7以降のiPhoneに搭載されているホームボタンがイメージとして近いだろう。

DSDSには非対応。

接続端子はUSB-C。イヤホンジャックは搭載していない。

急速充電はQC4.0/PD3.0に対応。対応するアダプタを使用すれば50%まで35分と高速。

防水防塵に対応。防水防塵性能はIP68。

音声アシスタントにはGoogleアシスタントのほか、Amazon Alexaに対応する。

日本向けモデルではFelicaに対応しているためおサイフケータイが利用できる。

カラーはトランスルーセントブルー、セラミックブラック、フレームレッドの三色で、トランスルーセントのみ背面がスケルトン仕様となっている。

ガジェット部まとめ 優れている点は多々あるが一番はデザイン

HTCのフラッグシップモデルがついに日本でも発表されました。

チップセットはSnapdragon845でメモリ6GBストレージ128GBと基本性能は他社フラッグシップモデルと同水準。

フルHDを超えるQHD+液晶を搭載していますが、目視でどれだけ画質に差が出るかは謎。私はフルHDで充分じゃないの派です。

カメラはスペックシートだけで見れば最近のスマホカメラとして平凡なようにも見えますが、カメラ性能を数値化するDxO MarkではP20 Proに次ぐ103点という超ハイスコアを記録しています。

1位のP20 Proは109点、3位のP20は102点と3桁超えは現在3機種のみ。

HUAWEIからすればブッチギリで1・2フィニッシュのはずが2位にHTCが割って入るという予想外の結果でしょう、それだけU12+のカメラの評価は高いようです。

そして嬉しいのはSIMフリーモデルでもFelicaを搭載しておサイフケータイに対応していること。

他社ハイエンドでもおサイフケータイに対応しているものはあるのですが、そのほとんどがキャリア専売でSIMフリーモデルとしては販売していません。

防水・おサイフ対応ハイエンドとして選択肢の一つとなりそうです。

そして外せないのがスケルトンデザイン、1990年代に流行りましたね。

2017年後半あたりから背面ガラス素材がトレンドとなっていますが、HTC U12+は背面にスケルトン素材を使用。

「トレンドはよく知っている。だがトレンドなど知ったこっちゃない」という姿勢が大好きです。

もちろんただプラスチック製のクリア素材を使用するのではなく、半透明のグラデーションがかかったブルーで光沢感があり、高級感もあります。

デザイン自体がかっこいいというのもありますが、見た目にインパクトがあり人とちょっと違ったものを使いたいという人にもおススメです。

HTC U12+を購入するのであれば半透明ボディのトランスルーセントブルーが絶対におススメです。

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

スマホ, ,

Author: