PC

格安モバイルノートを考える CHUWI LapBook SE

2018年8月19日




中国メーカーCHUWIからMacBook風の格安モバイルが登場

高品質で安価なパソコンに定評があるCHUWIがまたまたやってくれました。

MacBook風でイカしたデザインのモバイルノートパソコンLapbook SEを販売中です。

13.3インチのIPSフルHD液晶、最新のGemini Lake Celeron N4100、メモリ4GB、128GBのSSD、バックライトキーボードまで搭載して海外通販での価格は3万円台。

日本メーカーが同じスペックのモバイルパソコンを販売したら7万円はするでしょう。もっと高値でもおかしくありません。

CHUWIは日本のAmazonにも直営店として出品しているため、近日中に日本のAmazonでも購入可能になるでしょう。(技適の関係で1~2か月はかかるかも?)

デザインがカッコいい

中国メーカーのパソコンは何かゴツゴツしててダサイというのはもう過去の話になりつつあります。

MacBookのインスパイアではありますが、デザインも悪くありません。むしろカッコいい。

薄く、シャープで重厚感もあります。スペックシートでは素材は公開されていませんが海外通販サイトによるとアルミ筐体のようです。

CPUはGemini Lake世代のCeleron N4100を搭載

CPUはCeleron N4100を搭載。

WEBブラウザがメインの用途であれば不満が出ることはまずないでしょう。

日本で販売されている格安モバイルノートに多く採用されているCeleron N3350のコア数を倍にして1コアあたりの性能もアップしたのがN4100です。充分動きそうですよね。

しかし過度な期待は厳禁です。ゲームなど重いソフトウェアを動かす予定があるなら素直にCoreシリーズにしましょう。

メモリは4GB 交換は不可の模様

メモリはDDR4の4GBを搭載。

スペックシートを見る限りでは最大〇GBなどの表記はないので交換は不可のようです。

最近の薄型モバイルですからオンボードなのでしょう。

別ラインになるのかもしれませんが、以前から発売していたLapbook Airでは8GB搭載していたんです。減ってしまいましたね。

ただしCPUの性能を考えると重い作業はしませんから、このくらいが妥当な気もします。

ストレージはSSD128GB + eMMC32GBで160GB

ストレージはM.2 SSD 128GBとeMMC 32GBの2つのストレージを搭載しています。

どうやらWindows10はeMMC側にインストールされているようです。

まさかSSD側からブートが出来ないなんてことは無いと思いますが、続報を待ちましょう。

なおSSDはM.2規格で最大512GBまで対応しています。交換自体は出来そうですが簡単に出来るかは不明です。背面にM.2スロットにアクセスできるカバーなんかがあるといいんですけどね。

転送速度500MB/sとなっていますからSATAでしょうね。

最大256GBまでのmicroSDXCにも対応しているため容量に困ることは無さそうです。

バックライトキーボードもあるよ!

キーボードにはバックライトも搭載!

暗所でも便利ですし、ボヤっと光るキーボードもこれまたかっこいいのです。

海外通販のためキーボードは英字キーボードのみ。

やや配列にクセがありますね。ENTER,Back Space,Deleteの更に右側にキーがあります。

大手メーカーでもたまに見かける配列ですが、慣れるまではミスタイプが増えそうです。

MacBookでも採用されているカーソルキーの上下が詰まっていないのは評価したいポイント。

電源は専用プラグから給電

インターフェイスは見ての通りUSB3.0ポートx2、microHDMI出力、microSDスロット、ヘッドホンジャックのみ。

USB-Cポートが無いんです。これは残念。

よって専用の丸形プラグからのみ給電可能です。

個人的にはフルサイズUSBを1つ潰してでもUSB-Cを搭載しUSB-Cからの給電に対応して欲しいところです。次モデルに期待しましょう。

なおバッテリー持ちは公称8時間。充分ですね。

劣化しにくいポリマー電池を使用しているとのこと。

スペック

 Lapbook SE
OSWindows10
ディスプレイ13.3インチ
1920*1080ピクセル
IPS液晶
CPUCeleron N4100
4コア4スレッド
メモリ4GB
ストレージSSD 128GB(M.2 最大512GB)
eMMC 32GB
インターフェイスUSB3.0x2
microSDスロット(最大256GB)
microHDMI
3.5mmヘッドホンジャック
Wi-Fia/b/g/n/ac
カメラインカメラ 200万画素
バッテリー駆動時間8時間
本体サイズ幅:317mm
奥行き:215mm
高さ:15.9mm
重さ1.43kg
価格$299.99
日本円約33,000円

重さ1.4kgがやや重く感じます。MacBook Pro 13インチよりほんのり重い。

アルミ筐体で13.3インチですから許容範囲内なのは間違いないですが、性能を考えるともっと軽くても良かったなと思ってしまいます。

ガジェット部まとめ これは久々に欲しくなるパソコン

何と言ってもデザインが逸品ですね。

タッチパッドがボディカラーと同色で、液晶ベゼルも黒くなりました。よりMacBookっぽい仕上がりに。

ボディカラーもグレーで落ち着いてます。MacBookもスペースグレーが人気のようですから踏襲したのでしょう。

MacBook Air風の格安中華パソコンはこれまでも数多くありましたが、現行MacBookに似せて低価格なモデルは少ないです。これからが楽しみですね。

価格も魅力的な299.99ドル。個人輸入した際の消費税を含めてもおよそ日本円で35,000円で買うことが出来ます。

日本のAmazonで買えるようになると4万円前後になるとは思いますが、それでも充分すぎるコストパフォーマンスです。

AmazonのCHUWI直営店で購入すれば一年の保証が付きますから安心ですね。

そして8月20日から26日までの期間GEARBESTで30ドル引きのセールが開催されます。269.99ドルで購入が可能です。

輸入消費税を含めても32,000円ほどで購入が可能です。これは買ってしまいそう・・・!

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

PC, ,

Author: