格安SIM

【2019年10月】大手格安SIM おすすめランキング

2019年10月1日


2019年10月の大手格安SIM料金まとめ比較

2019年10月現在の格安SIMキャリアの料金をまとめました。

安心して使用出来る大手キャリアのみ比較しました。是非参考にしてください。

現在実施しているキャンペーン比較

 契約手数料割引月額料金割引その他
OCN モバイル ONE
--gooポイントに登録し
12ヶ月の継続利用で
1000gooポイント
11月30日まで
LINEモバイル-音声SIM契約時(月3GB以上)
1か月目全プラン600円
2~5ヶ月目全プラン半額
終了日未定
キャンペーンコード
「 1908WA05 」入力で
5000LINEポイント
終了日未定
IIJmioSIMカード契約時
通常3,000円が1円
10月31日まで

eSIM契約時
通常3,000円が1円
10月31日まで
音声SIM契約時
3ヶ月間1,300円割引
10月31日まで

eSIM契約時
3ヶ月間1,000円割引
10月31日まで
SIMカード追加手数料無料
10月31日まで

音声SIM契約時
3ヶ月間3GB増量
10月31日まで

容量シェアSIM追加時
音声付帯料3ヶ月0円
10月31日まで
楽天モバイル
---
mineo
---

2019年10月 おすすめSIMランキング

おすすめSIM第5位 mineo

ドコモ・au・ソフトバンクネットワークを使用

 

mineoでは国内大手3キャリアのネットワークを選択可能です。

ドコモから購入した端末であればSIMロックを解除せずに使用することが出来ます。

au・ソフトバンクから購入した端末もSIMロック解除不要で使用できる物がありますが、端末によってはSIMロック解除が必用になります。

詳しくはmineoの動作確認ページで確認して下さい。

料金プランまとめ

mineoにはドコモネットワークを利用した「Dプラン」とauネットワークを利用した「Aプラン」、ソフトバンクネットワークを利用した「Sプラン」が存在します。

通信容量を使い切った後の速度制限は200kbps。

Dプラン・Sプランは3日制限無し。

Aプランは3日6GB制限有り。

Dプラン
通信容量音声対応データ専用
500MB/月1,400円700円
3GB/月1,600円900円
6GB/月2,280円1,580円
10GB/月3,220円2,520円
20GB/月4,680円3,980円
30GB/月6,600円5,900円
Aプラン
通信容量音声対応データ専用
500MB/月1,310円700円
3GB/月1,510円900円
6GB/月2,190円1,580円
10GB/月3,130円2,520円
20GB/月4,590円3,980円
30GB/月6,510円5,900円
Sプラン
通信容量音声対応データ専用
500MB/月1,750円790円
3GB/月1,950円990円
6GB/月2,630円1,670円
10GB/月3,570円2,610円
20GB/月5,030円4,070円
30GB/月6,950円5,990円

割引・オプション

10分かけ放題オプションで10分以内の通話が無料になります。月額850円。「mineoでんわ」アプリの利用が必須です。

mineoで端末購入時に加入できる端末補償あり。月額370円。交換費用は1回目5,000円、2回目8,000円。

iPhone含む他店舗で購入したスマートフォン向けの端末補償有り。月額500円。修理費は無料。交換費用は1回目5,000円、2回目8,000円。

mineoのキャンペーン情報

現在キャンペーンは実施していません。

mineoのおススメポイント

ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアの回線を選ぶことが可能。

値段も高くも安くもなく標準的で「とりあえずmineo」という選び方もアリ。

UQモバイル・ワイモバイルでは2018年12月よりiPhone 7の取扱が始まりましたが、mineoでは既にiPhone 8/8 Plusを取り扱っています。

2019年10月は月額料金が安くなるキャンペーンを実施しておらずお得度では少し劣りますが、異なるキャリアのスマホを使っている家族でまとめて格安SIMに移行したい場合などにおすすめ。

Amazonなどで販売している申し込みパッケージを購入することで契約手数料が無料になります。




格安スマホmineo

おすすめSIM第4位 楽天モバイル

ドコモ・auネットワークを使用

 

楽天モバイルで使用しているネットワークはドコモとauのネットワークです。

auのネットワークは組み合わせプランでのみ選択可能。

ドコモネットワークはドコモから購入した端末であればSIMロックを解除せずに使用することが可能です。

auネットワークはauから購入した端末でもSIMロック解除が必要となる場合があります。契約前に公式サイトで確認しましょう。

料金プランまとめ

/cwe
楽天モバイルは大きく2つの料金プランに分けられます。

内容が大きく異なるためよく確認してください。

スーパーホーダイ

音声SIMのみの取り扱い。

スーパーホーダイでは全てのプランで10分以内の通話無料

ただし「楽天でんわ」アプリでの通話に限られます。

通信容量を使い切った後の速度制限は1Mbps

3日制限無し。

通信容量音声対応
2GB/月2,980円
6GB/月3,980円
14GB/月5,980円
24GB/月6,980円

下記の条件に当てはまる場合は月額料金の割引が受けられます。

・楽天会員の場合2年間月額料金から500円引き

・楽天ダイヤモンド会員の場合1年間月額料金から更に500円引き

・2年契約で2年間月額料金から500円引き

・3年契約で2年間月額料金から1000円引き(3年目は割引なし)

組み合わせプラン

音声SIMはドコモ回線とau回線から選択が可能です。

データ専用SIMはドコモ回線のみ。

SMS対応SIMに050から始まるIP電話の無料付与有り。

通信容量を使い切った後の速度制限は200kbps。

3日制限無し。

通信容量音声対応SMS対応データ専用
常時200kbps1,250円645円525円
3.1GB/月1,600円1,020円900円
5GB/月2,150円1,570円1,450円
10GB/月2,960円2,380円2,260円
20GB/月4,750円4,170円4,050円
30GB/月6,150円5,520円5,450円

割引・オプション

組み合わせプラン向けに10分までかけ放題オプション有り。月額850円。「楽天電話」アプリ必須。

楽天モバイルで購入した端末限定で端末補償あり。月額500円。修理・交換費は機種により異なりますが4,000円~7,000円。

楽天モバイルのキャンペーン情報

現在割引キャンペーン情報はありません。

楽天モバイルのおススメポイント

割引が非常に不親切で分かりにくいですがキャンペーン無しでもスーパーホーダイはお得度が高いです。

通信容量を使い切った後の速度制限が1Mbpsと他に類を見ないほど高速なので速度制限がかかった状態でも大抵のことは出来るでしょう。YouTubeもHD画質を諦めれば充分再生可能です。

auの端末を利用して組み合わせプランのau回線を使用する場合にはSIMロック解除が必要な場合があるので要確認。





楽天モバイル

おすすめSIM第3位 OCNモバイルONE

ドコモネットワークを使用

 

OCNモバイルONEで使用しているネットワークはドコモのネットワークです。

ドコモから購入した端末であればSIMロックを解除せずに使用することが出来ます。

au・ソフトバンクから購入した端末の場合はSIMロック解除が必要です。

料金プランまとめ

OCNモバイルONEの料金プランは大きく分けて3種類。

一般的な月単位で容量が決まっている標準コース、容量単価がやや割安になる日単位で容量が決まっている日割コース、低速で大容量の低速大容量コースの3種類。

日単位で容量が決まっているプランは余った通信容量の繰り越しが翌日までのため注意が必要。

通信容量を使い切った後の速度制限は200kbps。

3日制限無し。

容量追加は0.5GBで500円。

標準コース
通信容量音声対応SMS対応データ専用
3GB/月1,800円1,220円1,100円
6GB/月2,150円1,570円1,450円
10GB/月3,000円2,420円2,300円
20GB/月4,850円4,270円4,150円
30GB/月6,750円6,170円6,050円
日割コース
通信容量音声対応SMS対応データ専用
110MB/日1,600円1,020円900円
170MB/日2,080円1,500円1,380円
低速大容量コース
通信容量音声対応SMS対応データ専用
15GB/月
(最大500kbps)
2,500円1,920円1800円

割引・オプション

OCN光利用者はOCN光モバイル割200円引き。

OCN電話かけ放題オプションで10分以内の通話無料。月額850円。「OCN電話」アプリ必須。

月額500円のあんしん補償を付けることで上限50,000円までの修理費を補償。

OCNモバイルONEのキャンペーン情報

OCN モバイル ONE サンキューキャンペーン

音声SIM利用開始後、gooポイントにOCNお客様番号を登録し12ヶ月の継続利用で1000gooポイントをプレゼント。

期間は2019年11月30日まで。

OCNモバイルONEおススメポイント

料金は際立って安くはないものの、NTTグループ会社の格安SIMで安心感があります。

2019年10月のキャンペーンは12ヶ月利用で1000ポイントプレゼントと正直そこまでお得感はありませんが、元々OCNモバイルONEの契約をしようと考えている場合は使わない手はありません。

スマホを音声SIM契約時と同時に購入したいという人は是非OCNモバイルONEの公式ページで端末代金を確認してみてください。契約と同時であれば格安で購入出来る端末も多いです。

Amazonなどで販売している申し込みパッケージを購入することで契約手数料が無料になります。




OCN モバイル ONE

おすすめSIM第1位 IIJmio

ドコモ・auネットワークを使用

 

IIJmioで使用しているネットワークはドコモとauのネットワークです。

ドコモから購入した端末であればSIMロックを解除せずに使用することが可能です。

auから購入した一部SIMロックを解除せずに使用出来る機種があります。

auから販売されたiPhoneの場合は8以降(8 / 8 Plus / X / XR / XS / XS Max / 11 / 11 Pro / 11 Pro Max )の機種がSIMロック解除せず使用可能です。

料金プランまとめ

IIJmioにはドコモネットワークを利用した「タイプD」とauネットワークを利用した「タイプA」が存在します。

他にもデータ専用になりますが内蔵SIMを使用するeSIMプラン(ベータ版)も利用可能です。

通信容量を使い切った後の速度制限は200kbps。

通信容量を使い切った後の3日366MB制限有り。

タイプD

通信容量音声対応SMS対応データ専用
3GB/月1,600円1,040円900円
6GB/月2,220円1,660円1,520円
12GB/月3,260円2,700円2,560円

タイプA

通信容量音声対応SMS対応データ専用
3GB/月1,600円900円-
6GB/月2,220円1,520円-
12GB/月3,260円2,560円-

eSIMプラン(ベータ版)

通信容量音声対応SMS対応データ専用
6GB/月--1,520円

割引・オプション

通話定額オプション有り。3分までかけ放題月額600円と10分までかけ放題月額830円の二種類。「みおフォンダイアル」アプリ必須。

IIJで購入した端末限定で端末補償あり。月額380円もしくは月額500円。機種により料金が異なります。

修理・交換料金は1回目5,000円、2回目8,000円。

IIJmioのキャンペーン情報

みんなおトクに!キャンペーン

期間中に公式サイトから新規申し込みされた方に

初期費用3000円のところが初期費用1円に。

音声SIM契約時3ヶ月間、基本料1,300円割引・通信容量3GB増量

期間は2019年10月31日まで。

2枚目以上がおトク!音声SIM付帯料0円キャンペーン

容量シェアで音声SIMを追加した場合、3ヶ月間、月700円の音声SIM付帯料が0円に。

期間は2019年10月31日まで。

SIMカード追加手数料2,000円割引キャンペーン

容量シェアのためのデータSIM・音声SIMの追加手数料が0円に。

SIMカード追加手数料1枚あたり2,000円が0円

店頭カウンターでの即日発行手数料1,000円が0円

期間は2019年10月31日まで。好評につき延長されました。

eSIMの秋 初期1円で月額520円から使える!eSIM楽しむキャンペーン

期間中にeSIMプランの新規契約で

初期費用3,000円が1円に。3ヵ月間、月額料金が1,000円割引

期間は2019年10月31日まで。

IIJmioのおススメポイント

IIJmioは最近のスマホユーザーにはあまり知名度は高くないかもしれませんがモバイルデータ通信の老舗です。

現在のキャンペーンは初期費用2,999円引き+3ヶ月合計で基本料3,900円割引・通信量9GB増量とかなり力を入れたキャンペーンを実施中です。

これだけお得度が高いキャンペーンは年に数回あるかどうかというレベルです。IIJmioを検討している人には今がチャンスです。

個人で使うのもお得なのですが、SIMカードの追加手数料0円キャンペーンや音声SIM付帯料0円キャンペーンを行っているため容量シェアしたい人にもおすすめです。

キャンペーンをフル活用すれば家族5人で通信容量15GB、5人分の合計料金が2760円という恐ろしい金額になります。4ヶ月目からは6860円になりますが、それでも5人分なら充分安価です。

eSIMのサービスも行っているため、ドコモなどの大手キャリアの回線は残しつつ月額料金を抑えたい人にもおすすめ。

iPhoneXS/XR/11シリーズはeSIMを内蔵しているためドコモなどの容量最低プラン+eSIMで、データ通信をeSIMに設定すれば通信費用を抑えることが可能です。

端末のセット割引も実施中で、対象端末を購入するとAmazonギフト券が貰えるキャンペーンも実施しています。端末を同時に買いたい人におすすめ。


IIJmio

おすすめSIM第1位 LINEモバイル

ドコモ・au・ソフトバンクネットワークを使用

 

LINEモバイルで使用しているネットワークはドコモとauとソフトバンク。日本の大手キャリアのネットワーク全てから選ぶことが可能です。

ドコモから購入した端末であればSIMロックを解除せずに使用することが出来ます。

au・ソフトバンクから購入した端末は購入時期によりSIMロック解除が必要な場合があります。詳細はLINEモバイルのサポートページで確認してください

料金プランまとめ

docomo回線、au回線、softbank回線がありますが料金は同一です。

通信容量を使い切った後の速度制限は200kbps。

3日制限無し。

通信容量音声対応SMS対応データ専用
1GB/月1,200円620円500円
3GB/月1,690円1,110円-
5GB/月2,220円1,640円-
7GB/月2,880円2,300円-
10GB/月3,220円2,640円-

割引・オプション

10分電話かけ放題オプションで10分以内の通話無料。月額880円。「いつでも電話」アプリ必須。

LINEモバイルで購入した端末限定で端末補償あり。月額450円。

修理・交換料金は1回目5,000円、2回目8,000円。

LINEモバイルのキャンペーン情報

スマホ月額基本料 半額キャンペーン

期間中に音声SIMの新規契約で初月の基本利用料金が全プラン600円に。

2〜5ヶ月目の4か月間基本料金半額に

ただし1GBプランはキャンペーンの対象外となります。

キャンペーン終了日は未定。

もっとお得!5,000ポイントプレゼントキャンペーン

申込時にキャンペーンコード「1908WA05 」を入力し音声通話SIMを契約すると5,000LINEポイントプレゼント

スマホ月額基本料 半額キャンペーンと併用可能。

キャンペーン終了日は未定。9月に終わるはずでしたが好評につき延長されました。

LINEモバイルのおススメポイント

LINEモバイルは格安SIMの中で唯一LINEアプリの年齢認証が可能です。

LINEアプリの使用は全プランでデータフリー、通信容量を消費しません。

3GB以上のプランではLINEの他、Twitter・Facebook・Instagramでもデータフリーに対応。対象SNSアプリ内での画像表示・動画再生でも通信容量を消費しません

2019年10月現在行っているキャンペーンは非常にお得度が高く、基本料金の半額という相対的な割引のため大容量プランを契約する人ほどお得になります。

更に5,000LINEポイントプレゼントキャンペーンも並行して行っています。こちらも終了日未定に変更されましたが、恐らく半額キャンペーンより先に終了すると思います。

これまでのLINEモバイルのキャンペーンを見ているとポイントプレゼントキャンペーンはあまり長く続きません。ポイントを逃したく無い人はすぐに契約するのがおすすめ。

LINEポイントはスタンプの購入や、LINE Payにチャージしてコンビニで利用したり、Amazonギフト券へチャージしたりと幅広く使うことができます。スマホも同時に買い換える場合はケースや保護フィルム、SDカードなどの購入費用に充てることが出来ますね。

au回線もスタートしたため機種によってはSIMロックのかかっているauスマホもそのまま使うことが出来ます。iPhoneの場合は8以降(8 / 8 Plus / X / XR / XS / XS Max / 11 / 11 Pro / 11 Pro Max )の機種がSIMロック解除せず使用可能です。

Xperiaの場合はXZ1以降、Galaxyの場合はS9以降がSIMロック解除せずに使用可能です。

Amazonなどで販売している申し込みパッケージを購入することで契約手数料が無料になります。


LINEモバイル

2019年10月のオススメSIMはLINEモバイルとIIJmio

2019年10月のおすすめSIMはLINEモバイルとIIJmioです。

1つに絞りたかったのですが、甲乙つけがたいキャンペーン内容です。

ただしキャンペーン内容はやや方向性が異なります。

個人で使う場合はLINEモバイルがおすすめ

個人で使う場合はLINEモバイルがおすすめです。

キャンペーン内容をおさらいすると、初月は全プラン基本料金が600円2〜5ヶ月目は基本料金が半額、コンビニやAmazonでも使える5000LINEポイント

例えば3GBプランで契約した場合は1ヶ月目が600円、2〜5ヶ月目が845円、6〜12ヶ月目が1,690円で1年間の総支払額は15,810円となります。

ここからLINEポイント分を引くと実質価格は年間10,810円。3GBの音声SIMの年間支払額としては驚異的な金額です。

申込時にキャンペーンコード「1908WA05 」の入力を忘れないよう注意してください。入力を忘れるとLINEポイントが貰えなくなります。

そしてAmazonで販売されているエントリーパッケージを使用すると事務手数料も無料。

キャリアから格安スマホに移りたい人や、お子さんに初めてのスマホを持たせるのにおすすめです。

容量シェアするならIIJmioがおすすめ

シェアプランを利用したい場合にはIIJmioがおすすめです。

キャンペーン内容をおさらいすると、初期費用2,999円引き+3ヶ月合計で基本料3,900円割引・通信量9GB増量、SIMカードの追加手数料0円、音声SIM付帯料0円となっています。

若干ややこしいですが家族5人でまとめてIIJmioに移行した場合、月15GBのファミリーシェアプランが月額2760円で利用可能という恐ろしい価格になります。

音声SIMが5枚で2760円は控えめに言って価格破壊です。

家族3人の場合でも1960円と激安。もちろん全員音声SIMでの価格ですよ!

ただし4ヶ月目以降は割引が終了して5人の場合は6860円、3人の場合は4660円となります。それでも充分安いですけどね。

年に数回あるかどうかレベルのキャンペーンなので家族まるごと格安SIMに移行を考えている人におすすめです。


LINEモバイル


IIJmio

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

格安SIM,