スマホ

Motorolaのmoto g7 powerがいいぞーこれ!低価格スマホ2019年の大本命か








2万円台で購入可能な最新SIMフリースマホ

 

Motorolaから新型SIMフリースマホ moto g7 powerが6月7日より発売中です。

moto g7 powerはSnapdragon632のエントリーモデル。

6.2インチHD+(1520*720ピクセル)の大画面に5,000mAhの大容量バッテリーを搭載します。

メモリは4GB、ストレージ64GBとエントリーモデルとしては潤沢な容量を持ちます。

最新の3Dゲームなどには向きませんがSNSや動画再生などは快適に利用することが出来ます。

接続端子はUSB-C。低価格スマホでは未だにmicroUSBを採用しているスマホも多く、USB-Cでケーブルを統一したい人にもおすすめ。

スペック

 moto g7 power
CPUSnapdragon632
antutu v7総合スコア:108000
3Dスコア:13000
メモリ4GB
ストレージ64GB
ディスプレイ6.2インチIPSディスプレイ
1520*720ピクセル
microSDスロット有り(最大512GB)
インカメラ800万画素
F値2.2 1.12μm
アウトカメラ1,200万画素
F値2.0 1.25μm
Wi-Fib/g/n (2.4GHz)
バッテリー5000mAh
15W急速充電に対応
大きさ縦:159.4mm
幅:75.3mm
厚さ:9.3mm
重さ193g
接続端子USB-C
イヤホンジャック有り
生体認証指紋認証
顔認証
FMラジオ
防水・防じん×
おサイフケータイ×
発売日2019年6月

Snapdragon632は3Dゲームを重視しなければ快適な性能

moto g7 powerに搭載されているSnapdragon632はミドルレンジ向けCPUです。

性能は現行のスマホの中ではそれほど高くありませんが、普段使いには十分すぎる性能を持っています。

スマホの性能を数値化するantutuベンチマークのスコアは10万8000点。3Dスコアは13000点ほどです。

どのくらいの性能なのかというと

LINEやTwitter、InstagramといったSNSは軽快に動作し

YouTubeやAmazon Primeビデオといった動画サイト・アプリもコマ落ちなど無く視聴可能で

モンストやパズドラなどの2Dゲームはストレスなく遊べますが、PUBGや荒野行動などの3Dゲームは画質を落として何とか遊べる

くらいの性能です。不満が出るかどうかは3Dゲームプレイの有無と考えて良いでしょう。

2~3年前の低価格スマホはSNSでもじれったく感じる動作の鈍さでしたが最近のミドルレンジは本当に性能が上がりました。

2万円台としては潤沢なメモリ4GB / ストレージ64GB

メモリ4GB・ストレージは64GBを搭載。

1~2世代前の国内ハイエンドモデルと同水準の容量です。

2018年発売で10万円前後のハイエンドモデルであるXperia XZ2・XZ3、Galaxy S9などがメモリ4GB・ストレージ64GBでした。そう考えると十分すぎますよね。

メモリ6GBのモデルも増えてきてはいますが、大容量メモリの恩恵が受けれるのはゲーミングスマホくらいです。

2018年最も売れたであろう低価格スマホ P20 liteは3万円前後の価格でメモリ3GB・ストレージ32GBでした。CPU性能もg7 powerの方が上ですから、たった1年でも着実に性能は上がっています。

FMラジオを内蔵しネット通信無しでもラジオ視聴が可能

FMラジオチューナーを搭載しており、ラジオの視聴が可能です。

現在はradikoなどネットでラジオを視聴することも出来ますが、FMラジオならばネットが無い状態でも視聴が可能なため、停電など万が一の災害時などに活躍しそうです。

イヤホンケーブルをラジオのアンテナとして使用するため、ラジオの視聴にはイヤホンの接続が必須です。イヤホンを接続しながら本体スピーカーから音を出すことも可能です。

ネットワークはドコモ・ソフトバンクにフル対応

対応するネットワークは以下の通り。

4G:B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B19 / B20 / B28 / B38 / B40 / B41
3G:B1 / B2 / B5 / B8 / B19(B6含む)
2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz

DSDSに対応していますが、LTE接続が出来るのは1枚のSIMのみ。DSDVには対応していません。

ドコモとソフトバンクのネットワークにプラチナバンドを含め対応しています。

残念ながらau回線のネットワークバンドには非対応。au回線を使用する場合は1つ上のグレードのmoto g7がおすすめです。

比較対象はZenFone Max (M2) USB-Cが欲しければmoto g7 power

同じく2万円台半ばで購入可能、大画面・大容量バッテリーを搭載するスマホは他メーカーからも発売されています。

日本でもお馴染みとなったASUSから販売されているZenFone Max (M2)です。

 moto g7 powerZenFone Max (M2)
CPUSnapdragon632Snapdragon632
antutu v7総合スコア:108000
3Dスコア:13000
総合スコア:108000
3Dスコア:13000
メモリ4GB4GB
ストレージ64GB32GB
ディスプレイ6.2インチIPSディスプレイ
1520*720ピクセル
6.3インチIPSディスプレイ
1520*720ピクセル
microSDスロット有り(最大512GB)有り(最大2TB)
インカメラ800万画素
F値2.2 1.12μm
800万画素
アウトカメラ1,200万画素
F値2.0 1.25μm
1,300万画素
+
200万画素
バッテリー5000mAh
15W急速充電に対応
4000mAh
大きさ縦:159.4mm
幅:75.3mm
厚さ:9.3mm
縦:158.4mm
幅:76.2mm
厚さ:7.7mm
重さ193g160g
接続端子USB-C
イヤホンジャック有り
microUSB
イヤホンジャック有り

スペック的にはかなり近いですが、決め手になるのはストレージ容量・接続端子・ネットワークバンドへの対応あたり。

USB-Cが欲しければmoto g7 powerが、au回線で使用したければZenFone Max (M2)がおすすめです。

ZenFone Max M2 【日本正規代理店品】 6.3インチ / SIMフリースマートフォン / スペースブルー (4GB/32GB/4,000mAh) ZB633KL-BL32S4/A
ASUSTek

ガジェット部まとめ 画面解像度に納得出来れば他に不満の無い1台

2万円台の低価格スマホの進化が止まりません。

ほんの2年前まで2万円台といえばantutuベンチマーク5万点台のSnapdragon430にメモリ2GB、ストレージ32GBなんてスマホが普通でした。

moto g7 powerはそれに比べ性能が倍増しています。

唯一引っかかるとすれば1520*720ピクセルのHD+液晶ですが、意外とこれも気にならない人がほとんどではないでしょうか。

画面密度は271ppiと残念ながら300を切っていますが、同じ画像を表示したFHD+のスマホを隣に並べてじっくりと比較でもしない限り違いを感じることはほぼありません。

そして意外と知られていませんがスマホアプリの大半はVGA程度の解像度をスケーリングして表示しているため、HD+だからと言って表示出来る情報量が減るということもありません。HD+で十分かもと思っちゃいますよね。

moto g7 powerは「とにかく安く大画面スマホが欲しい」「ゲームしないからハイスペックスマホはいらない」という人におすすめの格安スマホです。

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

スマホ,