Apple スマホ

2019年の新型iPod touchは買いなのか?コスパは間違いなく高い








iPod touch 第7世代が発売中

第7世代のiPod touchが2019年5月28日に発表されました。

iPhone 5 / 5S / SEと同じ4インチのRetinaディスプレイに、CPUはiPhone7やiPad第6世代と同じApple A10を搭載。

ストレージは32GB / 128GB / 256GBの3種類。

本体カラーはスペースグレイ、ゴールド、シルバー、ピンク、ブルー、PRODUCT REDの6種類。

価格は税別21,800円から。Amazonやヨドバシカメラなどの家電量販店で発売中です。

スペック

 iPod touch 第7世代(2019)
CPUApple A10
antutu v7総合スコア:160000
3Dスコア:52000
メモリ2GB
ストレージ32GB/128GB/256GB
ディスプレイ4インチディスプレイ
1136*640ピクセル
インカメラ120万画素
F値2.2
アウトカメラ800万画素
F値2.4
Wi-Fia/b/g/n/ac
バッテリー最大40時間の音楽再生
最大8時間の動画再生
大きさ縦:123.4mm
幅:58.6mm
厚さ:6.1mm
重さ88g
接続端子Lightning
イヤホンジャック有り
生体認証無し
防水・防じん×
Apple Pay×
発売日2019年5月

性能は高い 4〜5万円で販売されているAndroidスマホと遜色なし

CPUにはApple A10を搭載しています。

これはiPhone7やiPad第6世代と同じCPUで、今でもミドルハイスペック相当の性能を持つCPUです。

ただし同じ種類のCPUでも動作周波数が異なるため、iPhone7・iPad第6世代と比べると若干性能は劣ります。

iPhone 7 / 7 PlusiPad 第6世代(2018)iPod touch 第7世代(2019)
Apple A10
2.33GHz
Apple A10
2.33GHz
Apple A10
1.64GHz

スマホやタブレットの性能を数値化するantutuベンチマークのスコアはおよそ16万点。3Dスコアは5万超えとグラフィック性能もなかなかのものです。

iPhone・iPadの中で価格の近いもの、性能の近いものを分かりやすいようにグラフ化してみました。

iPod touch 第6世代と比べると大きくジャンプアップしているのが分かります。

antutuベンチマークで15万点もあれば最新3Dゲームの最高画質設定でもない限り、動作に不満はまず出ません。向こう2~3年は快適に使える性能です。

Androidのスマートフォンで同等クラスの性能を持つものは安くても4〜5万円ほど。画面サイズや通信機能の有無の差があるため単純比較は出来ませんが、価格の差は倍以上です。iPod touchのコスパの高さが光ります。

手のひらに収まるコンパクトサイズ

未だに根強い人気のiPhone SEと同じ4インチディスプレイ。

A9チップを搭載するiPhone SEよりも高性能なA10チップを搭載しているため、新型iPod touchは最も性能の高い4インチiOS端末となりました。

画像は左から新型iPod touch 第7世代(4インチ)、iPhone 7(4.7インチ)、iPhone 7 Plus(5.5インチ)。

サイズ比を合わせてあるのでどのくらいのサイズか、参考にしてください。

ゲームや動画の視聴、電子書籍の漫画アプリなどには大画面スマホが便利ですが、音楽プレイヤーとしての使用やゴロ寝しながら片手で操作したい時などにはiPod touchがおすすめです。

iPod touchはiPhone 7の138gよりもずっと軽い88g、片手操作もラクラクです。

前モデルとの違いは 見た目に変更は無いけど中身は別物

2015年発売の第6世代と2019年発売の第7世代ですが、見た目の違いはありません。ケースも互換性があり、第6世代向けの物が使えます。

カメラの画素数なども全く一緒。どちらも120fpsスローモーション撮影やHDR撮影に対応します。

それじゃ違いはというと、以下の点です。

 iPod tuch
第6世代(2015)
iPod touch
第7世代(2019)
CPUApple A8
1.1GHz
Apple A10
1.64GHz
メモリ1GB2GB
ストレージ16/32/64/128GB32/128/256GB
AR非対応対応

CPU・メモリの強化と、ストレージは16GBと64GBが廃止され大容量の256GBが追加されました。

そしてA10チップを搭載することによってARに対応しました。

違いはたったこれだけです。小さな変更に見えるかもしれませんが、4年越しのアップデートなので性能の向上は著しく、中身はもはや完全な別物です。

コンパクトな音楽プレイヤーを探している人にはもちろん、今第6世代のiPod touchを使っている人の買い替えにもおすすめ。

ガジェット部まとめ 新型iPod touchは買い!大画面スマホとの2台持ちも便利

新型iPod touchがついに出ましたね。見た目に変更はありませんが、性能面が大きくアップデートされました。

A10チップ搭載なら3Dゲームも含めてほとんどの操作で不満なく使えそうです。

iPhone7は値下げされても50800円からと高価ですが、iPod touchは21800円からとコストパフォーマンスは良好。

子供がスマホを欲しがるけど月額料金のかかるスマホはまだ持たせたくない、親がiPhoneを買ってくれない、という場合の妥協策としてもおすすめです。

Wi-Fiに繋げられる場所ならiPhoneと同じように使えますし、駅やコンビニなど無料で使えるWi-Fiはいっぱいあります。学校や塾にWi-Fiがあることはまず無いでしょうから授業中にスマホを触って先生に怒られるような心配もありません。

そして意外と便利なのがiPhoneとの2台持ちです。iPod touchで出来ることは最新のiPhoneなら全て出来るのでiPhoneがあるなら不要だと思うかもしれませんが、端末が物理的に2台あると便利なシーンが多いんです。

YouTubeの動画を見ながらWEBブラウジングやLINEをしたり、ゲームアプリを立ち上げながら攻略サイトを確認したりと、画面切り替えが不要で快適に使えます。

大画面のiPhoneとコンパクトなiPod touchなら使い分けも容易です。

性能が大幅に向上し値段は21,800円からと手頃なiPod touchは万人におすすめの格安iOS端末です。

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

Apple, スマホ,