PC スマホ タブレット

AmazonでJNHショップオリジナルのmicroSDカードを購入!容量は本当?








安さに惹かれてJNHのmicroSDXC 256GBを購入

大容量のmicroSDカードが必要になったため、Amazonで見繕って256GBを購入しました。

購入したのはJNHショップのオリジナルmicroSDカード 256GB 4,980円。

JNH(嘉年華株式会社)と言えば悪名高いショップで、以前は粗悪な偽ブランドのSDカードを販売し返品に応じなかったなど悪い噂が相当あります。噂ですけどね。

今回はAmazonが発送してくれるということと、価格が他のmicroSDに比べて1000円ほど安かったので購入。

Amazon発送であれば商品に不具合があった時にAmazonに対して返品可能なため、JNHの安いものを使ってみて問題があれば返品し、Transendやシリコンパワー製のものを買い直すこと前提で購入。迷惑な客ですね。

microSDカードが到着

Amazon発送なのですぐに届きました。

海外メーカーのパッケージにJNHのシールを貼っただけのものが届くんじゃないかと思ってましたが専用のパッケージです。microSDのプリントもAmazonのイメージ通り。

印刷の都合上、黄色とオレンジのツートンカラーのように見えますがメーカーのイメージは恐らく赤と金。中国で人気のあるカラーですね。

背面にはシリアルナンバーと型番、Made in Taiwanの文字。

シリアルナンバーは一部塗りつぶしています。知れ渡っちゃうと保証とか受けられなくなりそうなので。

型番はMD-33S256G/JP01となっています。JP01と付いていることからパッケージだけでなくmicroSDカードも日本向けのようです。

容量の確認とエラーチェック

実際にパソコンに挿入してみました。使用しているパソコンはMicrosoft Surface Pro 6。カードリーダーは本体内蔵のものです。

容量はしっかりと256GB。

容量チェックの意味を含めてエラーチェックを実施してみます。使用したソフトはCheck Flash

Check Flashは全ての容量に対して読み書きを行い、エラーが発生しているか確認するツールです。容量偽装している場合はテスト途中でエラーが出ますし、容量偽装していないmicroSDでも初期不良を探すことが出来ます。

テストの内容は「読み書きテスト」を「フルパス1回」。この設定でmicroSDの全ての領域に書き込みと読み込みを1度ずつテストします。

やってることはHDDの物理フォーマットと似たようなものなので、時間がかかります。

紫のブロックが書き込みが完了した領域で緑色のブロックが読み込みが完了した領域です。

3時間51分後、全てのテストが完了しました!エラー無し!

容量偽装はありませんでした。初期不良も無し。

これで安心して使うことが出来ます。残る不安要素は耐久性ですが、5年保証が付いているので多少は安心して使えそうです。

おまけ 速度チェック

CrystalDiskMarkも実施してみました。

連続したアクセスのシーケンシャルが読み込み87MB/s、書き込み62MB/sと十分な速度が出ています。

メーカー公表値は読み込み100MB/s、書き込み80MB/sなので若干足りていませんが、速度的には一昔前の5400rpm HDDと同レベル。これだけ速度が出ていればデータ置き場としては十分でしょう。

ガジェット部まとめ JNHのmicroSDはコスパ重視派なら買い

正直JNHは怪しいショップだと思っていましたが、真っ当な製品でした。

容量詐称もしていませんしエラーも発生していません。それでいて価格が安く速度も十分なレベルなのですからコスパ重視派としては買いな一品です。

現在の価格は32GBが799円、64GBが1,350円、128GBが2,280円、256GBが4,980円と激安。秋葉原のパソコンショップで販売されている並行輸入品並の価格水準です。

スマホやNintendo Switch、タブレットパソコンで安価にmicroSDが欲しいと思っている人におすすめ。

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

PC, スマホ, タブレット,