Apple スマホ

中古で買ったドコモのiPhoneをSIMロック解除してみた








ドコモの中古スマホがSIMロック解除可能に

2019年2月20日よりドコモのSIMロック解除条件が変更され、契約者でなくともSIMロック解除が可能になりました。

実際にiPhone7をSIMロック解除してみたので手順をご紹介します。

SIMロックがかかっているDocomoのiPhone 7 plus。UQモバイルのSIMを入れると「SIMが無効です」と無慈悲な画面が。

SIMロック解除条件

解除条件は具体的に以下の通り。

  • ネットワーク利用制限がかかっていないこと
  • おまかせロック等、各種ロックがかかっていないこと
  • 分割払いで購入した日から100日経過していること
  • 端末購入サポートが適用された日から100日経過していること

ネットワーク利用制限はいわゆる赤ロム(×)になっていないことが条件。

端末代金支払い済みの(○)もしくは、分割支払い中の(△)であればSIMロック解除が可能です。

ネットワーク利用制限確認サイトで確認しましょう。

「おまかせロック」はスマホを紛失した際ドコモに連絡するとスマホを遠隔でロックしてくれるサービス。盗品などでなければまずかかってることはありません。なおiPhoneは「おまかせロック」非対応のためかかっていることはあり得ません。

確認しにくいのが分割払い・端末購入サポートの100日以上経過の2つ。注意が必要なのがネットワーク利用制限が代金支払い済みの(○)だったとしても端末購入サポートから100日経っているか分からないということです。

「1年前のモデルだしネットワーク利用制限も○になってるから大丈夫」と思って購入してしまうと、端末購入サポートを使用して型落ちモデルを一括0円で購入しそのまま中古ショップで買い取りなんてスマホに当たる可能性もあります。

Appleの場合は保証状況の確認サイトで購入時期の目星が付くので、中古iPhoneを買う時には確認することをおすすめします。シリアル番号の入力欄はIMEIでも確認可能です。

Appleの保証期間は1年ですから、保証が切れる日から1年前が購入日です。保証が切れている場合は1年以上が経過しているということ。たまにApple Care+が加入されたままのちょっとお得な端末もあります。Apple Care+は加入者と利用者が違うと規約的にグレーと言われていますので自己責任で。

手続きはオンラインとドコモショップの2通り

SIMロック解除の手続きはオンラインのMy docomoで完結する方法と、ドコモショップの店頭での手続きとの2通りがあります。

費用はMy docomoの場合は無料、ドコモショップの場合は1台あたり3,000円の料金がかかります。

2015年5月以降に販売された機種の場合はMy docomoとドコモショップどちらでも手続きが可能ですが、2011年4月~2015年4月に発売された機種はドコモショップでのみ手続きが可能です。

My docomoでSIMロック解除手続きやってみた

My docomoのページを開いてdアカウントでログインします。

SIMロックの解除にはdアカウントが必須です。ドコモを契約していなくてもメールアドレスがあれば簡単に作成できます。

SIMロック解除の手続きは「契約内容・手続き」の中の

大量に出てくるメニュー画面の下層にある「その他」の中。一番下までスクロールして上がっていった方が早いです。

まずはメールで2段階認証

dアカウントに登録しているメールアドレスに「[dアカウント]2段階認証」という件名のメールが届くのでメールに記載されている6桁のセキュリティコードを入力します。

セキュリティコードの有効期限は10分と短いのでメールをすぐ確認できる状態にしておくのがおすすめ。

端末のIMEIを入力

次にSIMロック解除したい端末のIMEIを入力します。

iPhoneの場合「設定」 「一般」 「情報」の中に記載されています。長押しでコピーも出来ます。

GoogleのAndroid端末Pixel3の場合はネットワークに接続している必要があるようです。端末内部で何か書き換え作業があるのかも。

注意事項の確認

「SIMロック解除を申込む」にチェックを入れて注意事項を確認します。

注意事項のキャプチャを取り忘れてしまいましたが、SIMロック解除しても修理はドコモで受付けますとか、SIMロック解除して何かトラブルが発生しても責任は取れませんよ、といった内容。

問題なければ同意するにチェックを入れて次に進みましょう。

受付確認メールの宛先確認

受付完了後に確認メールが送信されるので、送信先のアドレスを確認します。

メールを受け取らないという選択肢はありませんでした。サクッと次に進みます。

SIMロック解除実行!

受付内容の最終確認です。

入力した情報に間違いなければ「手続きを完了する」でSIMロックが解除されます。

以上でMy docomoの手続きは完了です。

入力するのはIMEIくらいで非常に簡単です。私が上記の手続きにかかった時間は約4分。画面キャプチャを撮りながらなので普通に手続きをすれば2~3分で終わりそうです。

SIMロックは即時解除される

「SIMが無効です」の表示が出ていたiPhoneが手続き完了後すぐにUQモバイルで使用できるようになりました。

手続きも簡単で時間もかかりませんし、料金も無料です。2015年5月以降発売の対応機種であればMy docomoからのSIMロック解除がおすすめです。

SIMロック解除しても他社で快適に使えないスマホもある

スマホには対応しているネットワークバンド(周波数)というものがあります。

各キャリアが使用している周波数と、それに合わせてカスタマイズした端末をキャリア専用として販売しているため他社で快適に使えないということがあります。

例としてソフトバンクで販売されているXPERIA XZ3は、自社のプラチナバンドには対応していますがドコモのプラチナバンドに対応していません。逆にドコモのXPERIA XZ3はソフトバンクのプラチナバンドには非対応です。

同じXPERIA XZ3であっても販売元のキャリアによって快適に使えるかどうかが決まるわけです。auに至ってはSIMが特殊なため使えるかどうかも分かりません。

SIMロック解除の恩恵を一番受けることが出来るのはiPhone

各キャリアから全て同じ仕様で販売されているスマホがあります。iPhoneです。

iPhoneは、Appleがキャリアによるカスタマイズを嫌ったため各社同じ仕様で販売されています。ドコモで買ったiPhoneだからってdocomoのロゴマークが入っていたり、docomoのアプリがプリインストールされていたりしませんよね、SIMロックがかかっている以外SIMフリーモデルと同じ物なんです。

各社同じ仕様ですからドコモ、au、ソフトバンクどこで購入したiPhoneでもドコモ、au、ソフトバンク全ての周波数に対応していて快適に使うことが出来ます。

中古で買ったスマホをSIMロック解除して格安SIMで使いたいという場合には断然iPhoneがおすすめです。

中古でiPhoneを探すのならネットワーク利用制限永久保証があって3ヶ月保証がついたイオシスがおすすめ。3ヶ月の保証が付いているのでモバイル保険に加入することも出来ます。

ガジェット部まとめ ドコモの中古SIMロック解除は簡単!

2月20日から始まった契約者以外でのSIMロック解除をご紹介しました。

以前はauでも中古端末のSIMロック解除が出来ましたが、その時はauショップの店頭のみで費用も3,000円かかりました。

ドコモはMy docomoでの手続きなら無料ですし予想以上に簡単で以前のauよりもサービス内容は優れていますね。

SIMロック解除をすると他のキャリアで使えるようになるのもそうですが、海外旅行の際現地のプリペイドSIMを使えたり、スマホの買い取り価格がアップしたりとデメリットはなくメリットばかりです。

ドコモから販売されたスマホを使っている人は是非SIMロック解除をしてみましょう。

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

Apple, スマホ,