Apple タブレット

新型iPad Airと新型iPad miniが発表 僕らのiPad miniが帰ってきた!








発表会無しのサイレントアップデートでiPadが2機種追加

Appleは日本時間3月18日夜、新モデルのiPadを2機種公式サイトに追加しました。

追加されたモデルは10.5インチのiPad Airと7.9インチのiPad mini。どちらもiPhone XSと同じチップであるA12 Bionicを搭載。第1世代のApple Pencilに対応し、AirはSmart Keyboardにも対応しています。

同時にオンラインストアでも販売を開始しており、出荷は3月30日からとなっています。

価格はiPad Airが64GBで税別54,800円から。iPad miniが64GBで税別45,800円から。

スペック

 

 iPad AiriPad mini
チップA12 Bionic
ストレージ64GB/256GB
ディスプレイ10.5インチ
2224*1668ピクセル
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
1.8%の反射率
500ニトの輝度
Apple Pencilに対応
7.9インチ
2048*1536ピクセル
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
1.8%の反射率
500ニトの輝度
Apple Pencilに対応
背面カメラ1200万画素
広角カメラ
F値1.8
+
8メガピクセルカメラ
ƒ/2.4絞り値
5枚構成のレンズ
ハイブリッド赤外線フィルタ
裏面照射
Live Photos
オートフォーカス
パノラマ(最大43メガピクセル)
写真のHDR
露出コントロール
バーストモード
タップしてフォーカス
タイマーモード
自動手ぶれ補正
写真へのジオタグ添付
1080p HDビデオ撮影
スローモーション(120fps)
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ビデオの手ぶれ補正
3倍ビデオズーム
ビデオへのジオタグ添付
インカメラ7メガピクセルの写真
ƒ/2.2絞り値
1080p HDビデオ撮影(30fps)
Retina Flash
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
写真とビデオの自動HDR
裏面照射
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード
接続端子Lightning
イヤホンジャックあり
Touch ID
サイズ縦:250.6mm
幅:174.1mm
厚さ:6.1mm
縦:203.2mm
幅:134.8mm
厚さ:6.1mm
重さWi-Fiモデル
456g
Wi-Fi + Cellularモデル
464g
Wi-Fiモデル
300.5g
Wi-Fi + Cellularモデル
308.2g
発売日2019年3月

A12 Bionicで性能が大幅に向上!

性能を数値化するantutuベンチマークのスコアを過去のiPadも含めてグラフにしてみました。

発売前のiPad AirとiPad miniは実機ではなく搭載しているチップからの予想スコア。タブレット端末ではバッテリーと放熱に余裕があるため実機ではもう少しスコアが高くなるかもしれません。特にiPad Air。

2018年に発売された現行型のiPad Proの2機種は頭一つ飛び抜けたスコアですが、注目すべきは普及機の価格帯である新型iPad AirとiPad mini。

1世代前のiPad Proをも上回るスコアです。これだけあればゲームも含めて困ることはまず無いでしょう。

第1世代Apple Pencilに対応

2018年のiPadに続き、新型iPad Airと新型iPad miniもApple Pencilに対応しました。

新モデルはどちらもガラスから液晶までの隙間を無くすフルラミネーションディスプレイに対応しているため、2018年のiPadよりもApple Pencilの使い勝手に優れます。

残念ながら第2世代Apple Pencilには非対応。もうしばらく普及価格帯のiPadは第1世代Apple Pencilという状況が続くのかもしれません。

iPad AirはSmart Keyboardに対応

これまでiPad Proの専売特許だったSmart KeyboardがiPad Airに対応。

iPadの側面に接続端子があるため充電もペアリングも不要。

第2世代のiPad Pro 10.5インチ用のSmart Keyboardと互換性があるため、周りに第3世代に買い替えた人がいればお下がりも使えます。

Smart Keyboardの販売価格は税別17,800円。

生体認証はTouch IDのみでFace IDには非対応

第3世代iPad Proで対応したFace IDへの対応は無し。

これまでのモデル同様Touch IDの指紋センサーを搭載しています。

ホームボタンがあることを嬉しく感じるか、ベゼルがあることを残念に思うかは人によって変わりそうです。

ガジェット部まとめ iPad mini待望の新モデル

復活のiPad Airと待望のiPad miniが発表されました。

A12 Bionicを搭載し性能は申し分なし。Apple Pencilにも対応しクリエイティブなニーズにも対応。

第2世代iPad Proとの違いはスピーカーとカメラくらいでしょうか。一世代前ですがかなりProに近いスペックを持っているという印象です。

iPad miniの方でもSmart Keyboardに対応して欲しかったところですが、Airと違い既存のSmart Keyboardと互換性が持たせられないため開発費がかかってしまうのが非対応の理由でしょう。

価格はiPad mini4や2018 iPadと比べると値上がりしていますが、A12 Bionicの性能から考えればコスパは決して悪くないと感じます。特に快適にゲームアプリなどをプレイしたい人におすすめです。

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

Apple, タブレット,