スマホ

世界初の4K有機ELを引っさげXperia 1が登場!カメラもついにトリプルに!ソニー起死回生の端末となるか?








最新フラッグシップモデルXperia 1が発表

ソニーモバイルコミュニケーションズは新型SIMフリースマートフォンXperia 1を発表しました。

Xperia 1は今までのXperiaには無かった21:9の縦長な6.5インチ有機ELディスプレイを搭載。HDRに対応し解像度は世界初の有機EL4K(3840*1644ピクセル)。

SoCは最新のSnapdragon855を搭載。

メモリは6GB、ストレージはUFS規格の128GBで最大512GBのmicroSDに対応します。

カメラはついにトリプルレンズカメラを搭載。広角・超広角・望遠の3つの焦点距離を使用できます。画素数はいずれも1,200万画素。

本体サイズは縦167mm、幅72mm、厚さ8.2mm。

日本国内での発売は2019年初夏以降。

詳細スペック

 Xperia 1
CPUSnapdragon855
antutu v7
予想スコア
総合スコア:260000
3Dスコア:100000
メモリ6GB
ストレージUFS 128GB
microSDスロット有り(最大512GB)
ディスプレイ6.5インチ
3840*1644ピクセル
有機EL
HDR対応
ゴリラガラス6
背面カメラ1200万画素 26mm F値1.6
センサーサイズ 1/2.6
ピクセルサイズ1.4μm
光学式手ぶれ補正 OIS
+
1200万画素 16mm F値2.4
センサーサイズ1/3.4
ピクセルサイズ 1.0μm
+
1200万画素 52mm F値2.4
センサーサイズ1/3.4
ピクセルサイズ 1.0μm
光学式手ぶれ補正 OIS
インカメラ800万画素
バッテリー3330mAh
接続端子USB-C
PowerDelivery対応
イヤホンジャック無し
サイズ縦:167mm
幅:72mm
厚さ:8.2mm
重さ約180g
生体認証指紋(側面)
ワイヤレス充電×
防水・防じん
IP65/68
OSAndroid 9
発売時期2019年初夏以降

ラウンドフォルムからスクエアなデザインに

Xperia XZ2以降のモデルで採用されたラウンドフォルムからデザインが変更され、フラットでスクエアなデザインとなりました。

XZ1以前のモデルより角が丸い印象がありますが、原点回帰したようなプレーンなデザインです。このデザインを嫌う人はいないでしょう。

XZ2の最厚部は11.1mmと最近のスマホとしては異常な厚さでしたが、Xperia1は8.2mmと薄型化に成功しています。

長くXperiaのイメージカラーだったパープルが復活

本体カラーはブラック、ホワイト、グレー、パープルの4種類。

以前のXperiaで人気だったパープルが数年ぶりに復活しました。

日本では人気カラーとなりそうです。

21:9の縦長ディスプレイにBRAVIAで培った4K技術

HDR対応の4Kディスプレイにマスターモニターの色再現に着想したクリエイターモードを搭載。映像制作者の意図を忠実に再現します。

BRAVIAで培った技術を使用する画像処理エンジンX1 for mobileは4Kへのアップスケール・HDRリマスターに使用され、ストリーミングコンテンツでもコントラスト・色・明瞭感がより向上します。

縦横比は映画で使われるシネマスコープサイズに近い21:9。6.5インチの大画面で黒帯無しの映画を楽しむことが出来ます。

シネマスコープサイズの映画を見る時の画面サイズは7.9インチのiPad miniよ一回り小ぶり。出先や移動中に映画コンテンツを見ることが多いけれど、タブレットを持ち歩くほどではないという人におすすめ。

18:9より更に縦長な21:9なので縦持ちの状態でアプリを2つ起動しても実用的な広さです。

ディスプレイにはゴリラガラス5の2倍の強さを持つとされるゴリラガラス6を採用。1mの高さから地面に15回落としても耐える強度とされています。

トリプルレンズカメラにはαの技術を

あらゆる状況に対応するトリプルレンズカメラでプロレベルの品質を実現します。

焦点距離は風景のための16mm、多用途の26mm、2倍光学ズームの52mmの3種類。

ソニーのデジタル一眼レフカメラαシリーズの技術を使用した高精度オートフォーカスと画像処理エンジンは、手軽にプロ並のカメラを体験することが可能です。

ソニーのデジタルビデオカメラエンジニアが協力したCinema Proモードを搭載。HDR4K画質、シネマスコープサイズ、24fpsで映画のような動画を撮影可能です

ガジェット部まとめ ソニー起死回生のフラッグシップ

Xperiaシリーズの最新モデルが発表されました。

ソニーのスマホシェアはここ数年奮わず、日本でもジリジリとシェアを下げています。

XZシリーズの新作ではなく、Xperia 1という数字のみのナンバリングに変更された新世代フラッグシップがどこまでApple、SAMSUNGに対抗出来るのか期待したいと思います。

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

スマホ,