スマホ タブレット

2月20日よりドコモの中古端末がSIMロック解除可能へ








2月20日より購入者本人以外もSIMロック解除手続きが可能に

NTTドコモが、中古端末のSIMロック解除手続きを受け付けると発表しました。

今までは端末の購入者のみ手続きが可能だったSIMロック解除ですが、2月20日からは中古で購入したドコモ端末についても手続きが可能になります。

WEB上のドコモオンライン手続きによる申し込みの場合費用は無料で、ドコモショップに来店しての申し込みの場合1台あたり3,000円の費用がかかります。

オンライン手続きの場合は無料で作成可能なdアカウントが必要で、店頭での手続きの場合は一度に2台までという制限があります。

受付条件・対象機種の詳細はまだ公開されていませんが、今までと変わらない条件であれば対象機種は2015年5月以降に発売された端末で購入から100日以上経過したもの、もしくは一括購入したもの。

2015年以降に発売されたiOS端末は以下の通り。

iPhone 6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plus / 8 / 8 Plus / X / XR / XS / XS Max
iPad mini4 / Pro 9.7 / Pro 12.9(第1~3世代) / Pro 10.5 / Pro 11 / 第5世代 / 第6世代

iPhoneユーザーに大きなメリット

SIMロック解除可能となることでドコモで購入した端末がauやソフトバンクで使用出来るようなるのですが、ドコモで販売されているAndroid端末の多くがドコモ向けにカスタマイズされており、auやソフトバンクのネットワークにフル対応していません。

ドコモ端末の対応周波数はこちら。ドコモWEBサイトのPDFを開きます。

auやソフトバンクのネットワークでも基本的には使用可能なのですが、プラチナバンドに対応していないものが多く、ドコモネットワークで使用する場合よりも圏外になる頻度が多くなります。

ただしiPhone・iPadの場合は例外で、キャリア向けのカスタマイズがされていません。au・ソフトバンクのネットワークでもプラチナバンドを含めフル対応しています。

ドコモの端末をSIMロック解除して他キャリアで使う場合にはiPhone・iPadを使用するのがおすすめです。

au・ソフトバンクも中古端末のSIMロック解除に対応?

ドコモの中古端末SIMロック解除は総務省が制定した「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」のガイドラインに基づくものです。

ガイドライン内では2019年9月以降中古端末のSIMロック解除が義務化されているため、au・ソフトバンクも対応するものと思われます。

現在はドコモの端末に比べて使用出来るキャリア(格安SIM)の少ないau・ソフトバンク端末は相場が安く設定されているため、SIMロック解除して他キャリアで使用する場合は先の話になりますがau・ソフトバンクがおすすめです。

au・ソフトバンクのiPhone・iPadもドコモと同じくキャリア向けカスタマイズはされていないため、他キャリアのネットワークにフル対応しており快適に使用することが出来ます。

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

スマホ, タブレット,