スマホ

性能大幅アップ!2万円台で買えるHUAWEI nova lite 3のコスパが凄い!

2019年1月30日








HUAWEI nova lite 3が発表

HUAWEIから新型スマートフォン「HUAWEI nova lite 3」が発表されました。

HUAWEI nova lite 3は6.21インチの大型ディスプレイを搭載するミドルレンジスマートフォン。

SoCはKirin710。メモリ3GB、ストレージ32GBを搭載しています。

ディスプレイ解像度はFHD+(2340*1080ピクセル)。

アウトカメラは1300万画素と200万画素のダブルレンズカメラ。

インカメラは1600万画素を搭載。アウト・インどちらもAIシーンセレクトに対応。

MVNO専売モデルで発売日は2月1日。販売価格は2万円台半ば。

スペック

 

 HUAWEI nova lite 3
SoCKirin710
antutuベンチマーク v7
総合スコア:138000
3Dスコア:21000
メモリ3GB
ストレージ32GB
microSDスロット有り(最大512GB)
ディスプレイ6.21インチ
2340*1080ピクセル
背面カメラ1300万画素
+
200万画素
インカメラ1600万画素
Wi-Fib/g/n
バッテリー3400mAh
接続端子microUSB
イヤホンジャック有り
サイズ縦:155.2mm
幅:73.4mm
厚さ:7.95mm
重さ160g
生体認証指紋認証
顔認証
防水・防じん×
ワイヤレス充電×
OSAndroid 9
発売時期2019年2月
価格2万円台半ば

性能大幅アップのKirin710を搭載

SoCにはHUAWEI自社開発のKirin710を搭載しています。

HUAWEIでこれまで多く使われていたKirin659の後継チップセットで、性能が大きく向上しています。

スマートフォンの性能を数値化するベンチマークテストアプリantutuベンチマークのスコアをグラフにしてみました。

Kirin659は2018年のミドルレンジでよく使われていたSoC。売れに売れたP20 liteもKirin659です。タブレットにも広く使用されています。

ベンチマークの数値は約1.5倍。性能が大幅に向上しています。

Snapdragonのミドルレンジクラスを含めたグラフがこちら。

Snapdragon630は2018年によく使われていたSoCです。

2019年主流になりそうなのがSnapdragon636。ミドルハイクラスではSnapdragon660。

Kirin710がどちらにも負けていないのが分かります。

ただし3DスコアがSnapdragon660と比較するとやや低いため、ゲーミング性能はSnapdragon636並と考えるのが良さそうです。

具体的にどのくらいの性能かというと

LINEやTwitter、InstagramといったSNSはもちろん快適に動作し

YouTubeやAmazon Primeビデオといった動画サイト・アプリも何不自由なく快適に動き

モンストやパズドラなどの2Dゲームも軽快に遊べ、PUBGなどの3Dゲームも画質を低めに設定すれば十分遊べる

くらいの性能です。ほとんどの人におすすめ出来る性能を持っています。

メモリは3GB ストレージ32GB

メインメモリが3GB、本体ストレージは32GBを搭載しています。

最大512GBのmicroSDカードに対応しています。

2万円台のスマホとしては標準的ですが、2019年のミドルレンジクラスとしてはやや心もとない容量です。

microSDXCをうまく使ってやりくりする必要がありそうです。

性能が上がっているのにメモリが据え置きなのはPシリーズのため?

HUAWEIのスマホは大きく3つのシリーズがあります。

ハイエンドのMateシリーズ、メインストリームのPシリーズ、お手頃ミドルクラスのnovaシリーズです。

それぞれに下位グレードのliteモデルがあり、デザインやコンセプトを踏襲しています。

ハイエンドを踏襲したMate 20 liteはメモリ4GB、ストレージ64GB。

昨年のモデルですが未だ売れ筋のP20 liteはメモリ4GB、ストレージ32GB(auモデルのみ64GB)。

今回発表されたnova lite 3がメモリ3GB、ストレージ32GBなのは2019年夏に発表されるであろうP30 liteへの配慮かもしれません。

P30 liteはメモリ4GB、ストレージ32GB or 64GBになるでしょうから。

6.21インチの大型ディスプレイ ノッチは極小

HUAWEI nova lite 3は6.21インチの大画面ディスプレイを搭載しています。

6.21インチと聞くと巨大なスマホを想像してしまいますが、本体サイズは今までのスマホの5.5インチ相当。iPhone Plusシリーズくらいの大きさです。

解像度はFHD+(2340*1080ピクセル)。

画面上部にインカメラのみの小さなノッチがあります。

このくらい小さなノッチなら通知が隠れることもなさそうです。

ブルーライトを低減する視力保護モードを搭載

ブルーライトを低減する視力保護モードを搭載。

画像はHUAWEIジャパン公式サイトから。

効率的なブルーライトカットが可能で、寝る前などに良さそうです。

背面カメラもインカメラもAI撮影に対応

アウトカメラは1300万画素と200万画素のダブルレンズカメラ。

インカメラは1600万画素のシングルカメラを搭載。

アウト・インどちらもAIカメラを搭載しているため被写体を自動認識し最適な設定に変更してくれます。

アウトカメラは22カテゴリーから自動判別、インカメラは8カテゴリーからの自動判別に対応しています。

カメラで映した商品をネットショップから探せるAI Visionに対応

カメラで映した商品をショッピングサイトで検索出来るAI Visionに対応しています。

友達の持っているアイテムで同じものが欲しい時などに活躍しそうです。

3400mAhの大容量バッテリー

 

3400mAhの大容量バッテリーを搭載。

充電速度も前モデルnova lite 2と比べて22%向上しています。

このくらいの容量があれば6.21インチの大画面でも丸一日使用出来そうです。

本体カラーは3色 ブルー・レッド・ブラック

本体カラーはオーロラブルー・コーラルレッド・ミッドナイトブラックの3色。

公式サイトの画像では分かりにくいですがどれも光沢があるようです。

ネットワークバンドは主要ネットワークにフル対応

対応するネットワークバンドは以下の通り。

FDD LTE: B1 / 2 / 3 / 8 / 17 / 18 / 19
TDD LTE: B41
WCDMA: B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz

ドコモ、au、ソフトバンク全てのプラチナバンドに対応しています。

なおau Volteにはアップデートで対応予定とのことです。

MVNO専売モデル パッケージとのセット販売はありそう

1月30日時点での取扱MVNOは

IIJmioイオンモバイルエキサイトモバイルNTTコムストア(OCNモバイルONE)QTモバイルDMMモバイルmineoLINEモバイル楽天モバイルLinksMate

前モデルnova lite 2もMVNO専売モデルでしたが、AmazonのSIMパッケージセット販売で購入し

SIMパッケージは使わずに端末だけ使用することで実質SIMフリーモデルとしての購入が可能でした。

今回のnova lite 3も同様の方法で購入が可能です。

発表された1月30日現在ではAmazonに商品ページはありませんが、今後追加され次第追記します。

Amazonに商品ページが追加されました。

価格は税込み24,624円。

ガジェット部まとめ 2019年のコスパモンスター!

コスパの高さに定評があるHUAWEI nova liteの新モデルnova lite 3が発表されました!

現時点でこれよりコスパの高いスマホは存在しないんじゃないかと感じるほどコスパが高いです。

唯一対抗出来るのはASUSのZenFone Max Pro (M1)くらいでしょうか。性能的にはほとんど同等で価格も近いです。

画面サイズを重視するならHUAWEI nova lite 3、バッテリー持ちを重視するならASUS ZenFone Max Pro (M1)がおすすめです。

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

スマホ,