スマホ

6.2インチの大画面を搭載するUMIDIGI Z2 Updatedが安くて凄いぞ!








日本のネットワークバンドにも対応な良コスパ海外端末

中国は深センに本社を構えるUMIDIGIからコスパに優れたスマートフォンがAmazonで販売中です。

UMIDIGI Z2 Updatedは6.2インチの大型FHD+(2246*1080ピクセル)を搭載するSIMフリースマートフォン。

SoCはMediatek社のHelio P23を採用。

メモリ6GB、ストレージ64GBを搭載し、最大256GBのmicroSDカードに対応。

ドコモ回線・ソフトバンク回線の主要バンドに対応しています。

ただし、技適は通っていません。

Amazonでの販売価格は税込み21,377円。

メーカー直営のUMIDIGI日本公式ショップが販売しAmazonが発送します。

メーカー保証は2年間。故障した際は中国への発送となるため往復の輸送分時間がかかりそうです。

スペック

 UMIDIGI Z2 Updated
CPUMediatek P23
antutu v7総合スコア:74000
3Dスコア:16000
メモリ6GB
ストレージ64GB
ディスプレイ6.2インチ
2246*1080ピクセル
microSDスロット有り(最大256GB)
背面カメラ1600万画素
+
800万画素
インカメラ1600万画素
+
800万画素
Wi-Fia/b/g/n
バッテリー3850mAh
急速充電
18W(9V2A)の急速充電
大きさ縦:153.4mm
幅:74.4mm
厚さ:8.3mm
重さ165g
接続端子USB-C
イヤホンジャック無し
生体認証指紋認証
顔認証
防水・防じん×
おサイフケータイ×
ワンセグ/フルセグ×
発売時期2018年9月
価格Amazon価格
21,377円

ノッチありの6.2インチ大画面液晶

画面上部のノッチは大きめ。

大きさ・形もiPhone Xシリーズにそっくりです。

画面のアスペクト比は19:9で画面占有率は90%。

有機ELではなく通常の液晶を採用しています。焼き付く心配はありません。

処理性能はミドルハイスペッククラス

搭載しているCPUはMediatek社のHelio P23。

ミドルハイクラスのスマートフォンによく採用されているCPUです。

antutuベンチマークv7の総合スコアは74000程度。

Snapdragon625やSnapdragon450と同等のスコアです。

PUBGのような3Dゲームの動作は厳しいですがモンストのような2D描写のゲームであれば問題なくプレイ可能なスペックです。

リズムゲームは3Dの最低設定か2Dでのプレイとなるでしょう。

アップデートされたカメラは高画質に

名前にUpdatedと付いていることからも分かるように、ベースとなっているUMIDIGI Z2というモデルが存在します。

世界中で人気のあったモデルですが、カメラの画質に不満のあるフィードバックが多かったようです。

そこで開発されたのがこのUMIDIGI Z2 Updated。

基本性能はそのままにカメラ性能を向上させています。

なおAmazonのUMIDIGI日本公式ショップではベースモデルとなったUMIDIGI Z2は現在販売していません。

AmazonのCyber Mondayで更に安価に

2018年12月7日よりスタートのサイバーマンデーセールにて更に安価に販売される予定です。

販売開始時間は12月8日の15時44分。

ただでさえコストパフォーマンスに優れる端末を更にお得に購入できるチャンスです。

ガジェット部まとめ ゲームが満足度の分かれ道

大画面の最新ベゼルレス端末が2万円強とコスパに優れたスマートフォンです。

メモリ、ストレージも6GB/64GBと潤沢で普段使いに不満が出ることはまず無いでしょう。

USB-Cに対応し18Wの急速充電に対応しているのも嬉しいポイントです。

ただし3Dゲームを快適にプレイするにはCPUの性能が心もとないです。

トータルの満足度は3Dゲームをプレイするかどうかで変わってきそうです。

冒頭でも触れましたが技適を通っていないため日本で使用する場合電波法に抵触します。購入する方は自己責任で使用してください。

中国メーカーでもCHUWIのように技適を取得するメーカーもあるため、UMIDIGIには是非日本向けに技適を取得してもらいたいですね。

adsense




adsense




CATEGORIES & TAGS

スマホ,

Author: